スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者嫌いのガン治療

≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に最も効果的な食事法

がん ガン 癌 肺がん 胃がん 肝臓がん 大腸がん すい臓がん 乳がん 前立腺がん C型肝炎でお悩みのあなたへお気に入りに追加
医者嫌いの私の父も実践済み
ガン治療に効果的な食事法
なぜ、癌に効くのか?
食習慣や生活習慣の改善で腫瘍は小さくなっていきます
政府や日本の多くの医師、栄養士がすすめる、
低脂肪、減塩、バランスのいい食事などという時代遅れの
食事の選択では、本当に健康になどなれるわけがありません。
その結果、多くの人がすでに病気になっています
94%の人が健康食品だと思っているものが
実はガンを促進させている張本人です
あなたも、食事法でガン細胞増殖のスイッチをオフにしませんか?
それでは、ご購入者様からのお手紙をご覧ください
ガンは
跡形もなく
消えました
本当に
驚いています
山口県 高橋浩二 様
9200もあった腫瘍マーカーが
1年後には3.6と(正常値内4.0以下)に入りました。
現在は0.05前後を保っています。
私は3年前の6月、前立腺癌の告知を受けました。
それも、骨、リンパ節への転移もある末期の癌で、骨は、骨盤を中心に腰椎から胸骨、鎖骨まで転移していました。血液検査での腫瘍マーカーが9200もあり、担当医もこんな数値は初めてと驚くほどいう異常な数値でした。そのうち車椅子になり、命も限られ、手術も出来ない、手のつけようの無いもので本当に恐怖との戦いでした。
私は、それなら自宅で食事療法を徹底しながら、通院で治療したいと医師に相談したら、OKが出たのでこの食事法を徹底して実践しました。妻は相当なショックを受けていましたが、私は、食事を変えてやって行けば、かならず良くなるし助かる、と熱意をもやし頑張りました。
妻は、癌が食事ぐらいで良くなるはずがない、と思っていたようですが、私にはこの食事法で人生の期待が持てました。●●から●●に変え、●●、●●等、毎日少しずつ足していくようにしました。最終的には早い段階で●●にすることができました。
副食は、●●、●●、●●少々、●●、●●など。それに●●は、全て●●に切り替えました。これまで、我が家の台所にあった●●は、妻がいつの間にか処分していました。 それから●●の●●を作って飲ませてくれました。
このように妻の協力のもと、気をつけて食事を作ってもらい、食べるようになったら、治療の効果も上がり、恐ろしく高い腫瘍マーカーの数値がみるみる下がり、1カ月後には880、2ヶ月後には151になり、1年後には3.6と(正常値内4.0以下)に入りました。その後も順調に下がり続けて、現在は0.05前後を保っています。
それまでの私の食事は、●●と副食は●●、●●が中心で、●●や●●も大好き、仕事上●●も多く、●●による偏ったものでした。このような食事を、一変したことが、いかに大事なことであったかを実感しました。
また、治療を始めると同時に、左の腰から足首、つま先にかけて、かなり辛い痛みが出ました。2カ月位過ぎた頃には、あんなに痛がった足や腰がずいぶん楽になり、それまではトイレに行くのも大変だったのが、普通に歩いて行ける様になりました。あの辛かった頃を考えると、信じられませんでした。
2年後には、骨シンチ検査も、真っ黒な骨だったのが白く正常になり、どこから見ても癌はなく、完治の状態に近づきました。私は、これで冶ると何か確信して、食べ物も今までとはまるで違っていても抵抗なく、美味し食べれました。みるみる元気になって行く自分を感じました。
●●も、●●や●●から、●●か●●などに変え、悪いものを流し出してくれる物にしました。
澄川さんの食事法に出会って、食事が本当に大切なんだと実感しました。
癌を克服できたことに感動し、本当に感謝しています 。
これからもこの食事方法を末永く続けて行きたいと思います。
今まで、色々な励ましやアドバイスなど本当にありがとうございました。
感謝をこめて。
インターネット情報商材の最大手インフォトップの
医療部門にてランキング1位を獲得しました
これからする話は信じられないかもしれませんが、
まったくの実話です。
私達が実践してきた、
正真正銘のガンを克服した方法です。
「ガンか・・・」
貿易会社に勤めていた、斉藤さん(57歳)は、
会社の健康診断で、再検査に行くように言われ、
その検査の結果、大腸に腫瘍が見つかり、ガンと宣告されました。
3期だと医師に言われ、手術をし、術後に抗がん剤治療をするように言われました。
意気消沈している斎藤さんに、私はこのがん克服法を教えてあげました。
私:「ガンになってしまったからって、手術や放射線治療、抗がん剤治療だけが、
残された選択ではないんです。
こういった化学療法よりも、体にかかる負担はなく、
副作用の心配もいらない方法知ってますか?」
斉藤さん:「え!?そんな方法あるの?
お医者さんにはすぐに、治療をすすめられたよ。
でも確かに、治療後の副作用なんかすごくツライってよく聞くし、めちゃくちゃ心配だな・・・」
私:「そうですよね。だったら、この・・・方法を試してみてください。
実際に、ガンと診断されて、手術も治療もしなくてすんだ人が、何人もいますから。」
斉藤さん:「それだけでいいの!?
今まで健康には相当、気を使ってきたけど、そんな方法、初めて聞いたよ。
本当にそんなので、ガンが克服できたりするのかな・・・?
わたし:「わたしも、はじめはそう思いました。
病院の施術は、辛くて結局、断念してしまう人も多いですし、
色々な負担がかかりますよね、だまされたと思って一度やってみてください。
体にとって、プラスになっても、マイナスになることは、ありませんから!!」
実は、費用もかからず、体への負担もなく、ガンが克服できる方法は確実にあるのです。
そして3ヶ月後・・・
斉藤さんはどうなったのか?
結果は、言わなくても、もうおわかりだと思います。
斉藤さんのがん細胞は、完全に無くなり、
担当していたお医者さんも、驚きを隠せなかったご様子。
斉藤さんご本人も
「抗がん剤の痛みや、経済的な負担もなかったから、本当にホッとしているよ」と言っています。
あなた以下のように悩んでいませんか?
抗がん剤治療を続けていたが、あまりの苦しさに断念してしまった
高齢のため、手術を受ける体力がない
一度は完治したが、いつ再発するか不安に思っている
放射線治療の、副作用、合併症が心配だ。
抗がん剤の副作用で生命の危険にあう可能性が高いように思う
化学療法はリスクが大きいので、とても不安だ
仕事に支障をきたすような治療はしたくない
近くに設備の整った病院がない
担当医にすべてをゆだねる気になれない
手術や、放射線治療、抗がん剤の経済的不安がある
ガンの腫瘍を、手術で切り取ったが、その後どのような食事をしたらいいのかわからない
この様な悩みを抱えた方は沢山いらっしゃいます。
しかし、確信的な方法も分からず、相談する人もいなく
ガンは病院のやり方だけで治療するものと、ほとんどの方が諦めてしまっています。
しかし、正直に告白いたします。
ガンを克服するためには、
実は医師よりも あなた自身ができることの方が多いのです
病院で手術や抗がん剤、放射線治療を受けなくても、食事法や生活習慣の改善で、
ガンを克服した人はたくさんいます。
ある方法を知ってから・・・・
こんにちは。
澄川信也と申します。
このホームページを立ち上げた理由、それはとても単純なことです。
「あなたにガンを克服してほしい」
「あなたの体に負担のない方法で、ガンと闘う辛さからから解放されてほしい」
「あなたの再発への不安をなくしてほしい」
それだけです。
「それだけって?ガン克服なんて、簡単なことじゃないですよ・・・」
あなたがこう思われるのも無理ありません。
確かに、がん治療というのは、決して簡単なことではありません。
ガン治療によって、
抗がん剤剤を飲むと、個人差はありますが、ほとんどの場合、副作用があらわれます。
その症状は様々で、症状によってあらわれる時期も変わってきます。
副作用があらわれる時期 副作用の種類 投与した日 アレルギー反応,吐き気,おう吐,
血管痛,発熱,血圧低下 投与して2~7日後 だるさ,食欲不振,吐き気,おう吐,下痢 投与して1週間~2週間後 口内炎,下痢,食欲不振,胃もたれ,貧血,
白血球減少,血小板減少 投与して2週間~4週間後 脱毛,皮膚の角化,しみ,手足のしびれ,膀胱炎
(表1)
検査や治療の中には大変な痛みを伴うものもあります。
せっかくこのような痛みや苦痛に耐えても、効果があがらないまま、
お金だけがかかっていくというケースは山ほどあります。
実は私の父もそんな経験をした一人でした。
当時横浜で飲食店を営んでいた父は、
55歳にして胃ガンと診断されました。
すぐに抗がん剤治療を始めましたが手足のしびれと嘔吐がひどく、
「こんなに辛いなら死んだ方がましだ」
とすぐに治療を止めてしまいました。
父の苦しんでいる姿を見ると無理に続けさせることは、
できませんでした。
ガンが胃の入り口付近にあるということで
胃の全摘をすすめられましたが
父が絶対に嫌だということで手術することもできませんでした。
病院での治療を諦めた、わたしたちは、できることをしようと、
インターネットや書籍でガンに関する知識を徹底的に集め、
医学書や、ガンに関する情報をかたっぱしから読み、自宅で出来ることは全て実践してみたのです。
そしてついに、わたしの父は、自宅に居ながら、ガンを克服することに、見事成功しました。
病院の先生も「そんなバカな・・・だが、とにかく無くなっている!」と言ってびっくりしていました。
人間なら誰でも、本来病気にならずにいれる、力を備えています。
ただ、間違った食生活や、生活習慣を送っているだけなのです。
「癌・・・」
おそらく、ガンと闘っているあなたや、あなたの大切な家族は、色々な方法で、治療されていることでしょう。
そして、こんな思いで毎日を送っていませんか?
健康には十分、気を使ってきたつもりだったのに、ガンだと宣告されていまった。
手術や抗がん剤の体への負担や、副作用が心配・・・。
抗がん剤でこれだけ辛い思いをしているにも関わらず、回復がいっこうに見込めない。
治療で苦しんでいるのを目の当たりにすると、このまま続けさせるべきかと、悩んでいる。
医師が何よりも絶対だと信じていたのに、思うような結果がでなかった。
手術して、つらい思いをしたのに、再発してしまった。
がんと診断されたのは、やはり煙草や酒のせいだろうか?
高級なアガリクスや、フコイダンを購入したが、効果がなかった。
どうですか?思い当たるところはありませんか?
そして どんどん不安になり、
自暴自棄に陥ってしまう・・・
あなたや、あなたの大切な家族が、
ガンというプレッシャーに押しつぶされて、精神的に参ってしまっては、
せっかく、体の免疫機能は、フル活動したいのに、
その働きを無駄にしているかもしれません。
まず、正しい知識をもって、あなたと、あなたの大切な家族のペースで
ガンに対処することが、全ての解決の始まりなのです。
また、間違った知識のせいで、余計に体に負担をかけてしまい、
その影響から、ガンが克服できないケースもあります。
自分はもちろん、大切な人が、痛み、苦しんでいる姿を見るのは
本当に辛いものです。
「もう、どうせわたしのガンは治らないよ・・・」
と諦めるのは、もっと辛いことでしょう。
そんな気持ちをもっているのは、あなただけではないのです。
ガン治療における、化学療法の落とし穴
化学療法や、放射線療法が、免疫システムにダメージを与えることや、
体にどのような影響があるのかは、あまり知られていません。
化学療法の薬は、体にとって、有毒です。
世界でも有名な製薬会社の創設者、イーライ・リリーは
「すべての薬には、毒性がある。毒性をもたない薬は、薬ではない」
と言っています。
アメリカのガン専門医が、答えたアンケートで、
「自分がガンになった場合、化学療法を受けるか?」
という質問に、
118人中、89人までが、NOと答えています。
つまり、75%のガン専門医が「断る」ということです。
その理由は、
「効果が薄い」
「体に害がある」
「リスクが高すぎる」
などでした。
実際、ガンと診断され、ガンのためではなく、
化学療法による弊害で、死んでいく人も、山ほどいるのです。
アメリカでは、医師の治療が原因による死亡者数は、
少なく見積もって年間78万人以上とも言われています。
これは、ガンや心臓病で亡くなる人よりはるかに多い人数です。
あなたは医師の治療や薬を過信していませんか?
現在ほとんどの場合、手術の後は、抗がん剤を使うことが当たり前です。
しかし、抗がん剤は、極めて強力な薬です。
体に入ると、細胞分裂している細胞を破壊します。
抗がん剤の欠点は、
ガン細胞だけを殺すのではなく、まったく正常な細胞にも、
作用してしまうことにあります。
抗がん剤が殺す細胞の、70~80%ほどは、ガン細胞と言われていますが、
残りの20~30%ほどは、正常な細胞なのです。
このため、抗がん剤治療を受けた人たちは、強烈な副作用に苦しめられるのです。
抗がん剤の副作用には、上記の(表1)に加え、
粘膜炎、骨髄抑制、色素過剰、めまい、言語障害、扁桃腺など実に様々です。
それでも、これが現在、当り前の治療法なのです。
残念ながら、抗がん剤には、ガンを治す力はありません。
ただ、ガンを縮める効果があるだけです。
抗がん剤で、ガンを克服した人も、中には確かにいます。
しかし、そういった人の大半は、
年齢の若い、かなり体力のある人だけです。
しかも新しく開発されている、抗がん剤ほど、強力なため、
副作用も益々強くなっているのが、現状なのです。
抗がん剤で無理矢理、おさえこんでも、
その影響は必ず、違ったところで現れます。
もう一度いいますが、現在の抗がん剤で、ガンは治らないのです。
事実、医学は進歩しても、新薬やハイテク医療器具が開発されても、病人は増えつづけています。
1980年の統計では、ガンで亡くなっている人は、
約16万人です。
それから、30年ほどの歳月が経ち、医学は進歩しました。
新しい薬も、どんどん開発されています。
今現在、あなたは、ガンで亡くなっている人は、
どのぐらいいると思いますか?
答えは何と、32万人です。
強い薬の副作用で、昔より苦しんでいる、というのに、
30年前の、2倍以上の人が、ガンで亡くなっているのです。
この現実を聞いて、あなたは何かがおかしい、と思いませんか?
これでもあなたはまだ、
化学療法が絶対だと思いますか?
「じゃあ、一体どうすれば良いんですか?」
安心してください。
実は、食事法や生活習慣の改善で、あなたができることはたくさんあるんです。
食事法や生活習慣の改善をしていくことには、何のリスクもなければ、害もありません。
生活の中での、当り前のことなので、一見、効果がなさそうに思うかもしれませんが、
あなたの人生を変える、インパクトはあります。
どんな名医でも、できることは限られてしまいますが、
食事や、生活習慣の改善は毎日のことなので、
体への影響力は絶大です。
ガンの治療では世界一といわれている、
ヒューストンのメディカルセンターのMDアンダーソン病院でも
やはり、食事法が重要だと、患者に指導しています。
胃がん、すい臓がん、肝臓がん、大腸がん、乳がんなど
様々なガンを食事法で克服した人は、世界中にたくさんいます。
(写真はM.Dアンダーソンがんセンター
日本語公式サイトより)
「これ以上何の治療法もない」と医師に言われていた人も、
「年だから仕方ない・・・」と完全に諦めていた人も、
事実、私の父もこの方法で、手術を受けないで、家にいながらガンを克服しました。
そんな実践済みの、効果の出る方法を、今回あなたにお伝えします。
数か月後、
あなたの体調は見違えるほど、良くなっていることでしょう!!
ここで、実際にこの教材を実践された方の声をご覧ください。
東京都 江口和雄 様
肝硬変から肝臓がんに進行する可能性が高いといわれ、
入院する予定でした
1か月後に入院はとりやめになりました。
肝機能は改善され、体調も良くなり、疲れも残らなくなりました。
澄川さん、はじめまして。
都内で、居酒屋を経営しています。
当時、倦怠感と疲労感に悩まされ生活と仕事に支障をきたしていました。
人間ドックを受けてみると、C型肝炎がみつかり、このまま放っておくと、
肝硬変から肝臓がんに進行する可能性が高いといわれたので
入院する予定でしたが、病院のベッドが空いておらず
待たされることになりました。
C型肝炎は自然に病気が治ってしまうことは、皆無に等しいと聞いていたので、
インターネットで治療のことを調べているうちに、この食事法のことを知り、
軽い気持ちで購入しました。
次の日から、やってみましたが、
驚いたことに何と、1か月後に入院はとりやめになりました。
肝機能は改善され、体調も良くなり、疲れも残らなくなりました。
感謝感謝です。
なぜこの方法で、ガン克服者が続出しているか?
ガンの一番の死亡原因と考えられているのは、食事です。
これは、ガンで死亡した人全体に対しての割合では、35%ほどだと言われています。
これは、ダントツの1位です。
続いてタバコが30%ほど、
ウィルスなどによる感染が
10%ほど、
生殖器官や、性生活関連
のものは、7%ほど、
アルコールですら、
3%ほどです。
その他、
仕事や環境によるもの
がありますが、
割合は減っていきます。
アメリカやヨーロッパなどに移住した、日本人のガンの発症率は、約4倍にもなります。
これも、食習慣の変化によるものだと考えられます。
ガンを患っている人は、基本的に、免疫力が低下した状態にあります。
ガンが進行すればするほど、免疫力はますます低下します。
ガンになると、血液中の白血球の数値は、増えます。
特に免疫力にとって重要な、リンパ球比率は、30%以下の人が大半です。
さらにガンが進行すれば、20%にまで下がり、
末期の状態になると、10%くらいまで低下します。
しかし反対に、1度はガンになったが、再発はしていない、
という人たちは、大半が、リンパ球の数値が35%以上になって、安定しているのです。
このことから、たとえガンになっても、免疫力の低下を防ぎ、正常な状態にすることができれば、
転移や、再発を抑えることはできるのがわかります。
もし、ガンの初期状態で、抗がん剤治療をすればリンパ球の減少を早めてしまい、
ガンの成長を、促す可能性も十分あります。
誰でも「あなたは、癌です」と言われれば、動揺しますし、慌ててしまうでしょう。
そして、当然のように、化学治療に助けを求めると思います。
しかし、副作用が体に与えるダメージを考えれば、免疫力の低下を防ぐことに焦点をあてる方が、
よっぽどかしこい選択です。
人間が本来持っている免疫力は、私たちが考えているより強力なものです。
というのも、人間の体では、毎日がん細胞が生まれています。
しかし、このガン細胞に対してリンパ球のNK細胞やT細胞は、強力な攻撃力を発揮するのです。
これは、マクロファージの働きかけによるものです。
このような白血球の総攻撃を受けたガン細胞は、発症する前に死滅するのです。
もう一度言いますが、
人間の本来持っている免疫力には、ガン細胞を死滅させる力が十分にあるのです。
その免疫力を、最大限に発揮させる方法、
それはやはり、食生活や生活習慣などのライフスタイルの改善なのです。
生活のすべてを体の中を浄化することに努めれば、病気が治らない理由はなくなります。
そして、あなたを待っているのは、大きな恩恵です。
実践された方の中には、「奇跡が起こった」とおっしゃった方もいらっしゃいます。
しかしこれは奇跡でも何でもありません。
食事や生活習慣をなめてはいけません。ものすごく強力な力があるのです。
それを信じて前向きな気持ちで、肩の力を抜いてできることを一歩一歩
やっていくことが、克服への近道なのです。
私の父は、手術も放射線治療も抗がん剤治療も、何度医師からすすめられても、
拒否しました。
これらの化学治療は、結局は、免疫力を低下させてしまうからです。
もちろん、最低限の手術が、必要な方もいらっしゃるとは思いますが、
この教材の購入者の方も、治療を考え直した方が、何人もいらっしゃります。
たとえ手術するにしても、最低限の手術にとどめることが重要です。
早期ならともかく、リンパ節まで切除する手術は、リスクが高いので、私ならやりません。
リンパ腺を無くすダメージの方が、ガンを残すダメージより大きい。と考えるからです。
これらの化学療法ではなく、病院では、免疫療法もたくさんあるので、そういった方法なら
考えてみるのもいいかもしれません。(自律神経免疫療法、BAK療法、CTL療法など)
本当に大切なのは、
ガンになった原因(自分の食生活や、生活習慣など)を改善し、免疫力の低下を防ぎ、
ガンを必要以上に怖がらず、精神的なコントロールをしていくことだからです。
たとえ医師から何と言われようとも、あまり深刻に考えすぎず、気楽にできることだけを
続けていくことが、一番良い心の対処法です。
また、ガンと診断されて心配なことは、転移です。
多くの場合、ガンが発見されるのは、1cmくらいの、腫瘍に成長してからです。
ガンがそれだけ、大きくなるには、長い時間がかかっています。
ガンは、生活習慣病ですから、ひとつガンが成長しているということは、
他にも腫瘍にまでなっていないガン細胞が、全身に生まれていると考えるのは、自然なことです。
見えていないから安心。と考えるのは危険です。
ガンになるということは、食生活や生活習慣の乱れで、すでに体に毒が蓄積されているのです。
ですから、目に見えたガンがなくなったとしても、問題は根本的に解決されていないということです。
今までの、生活スタイルを改善しなければ、新たなガンの目がいつ成長するかわからないのです。
でも、逆に言えば、
食生活や、生活習慣の改善で、そういった、転移や再発の可能性も最大限になくすことができますし、
一度発症したガンが退縮することに、大きく役立つのです。
※注意※
しかし残念ながら、この方法を
あなたの医師が知っている可能性はほとんどありません。
理由は以下を読んでください。
なぜ今までそんな方法が、広まらなかったのか?
ここまで読まれて、不思議に思われる方がいると思います。
そこまで病気を克服できたり、健康になるすごい方法があるのに、 なぜ医師が教えてくれないのか?
なぜテレビや新聞にでないのか?
といった疑問です。
理由は2つあります。
1つは日本は、アメリカやヨーロッパに比べ、栄養学や予防医学、
健康学などの、自然治癒力を強める情報の普及が、明らかに、遅れていることです。
多くの日本の医師はこの事実を知りません。
嘘のような話ですよね?
でも本当です。
医師は化学的な治療の研究をしています。
当然のことですが、医師は化学的に病気を治す専門家なのです。
彼らが医師になるまでに勉強することは、 病気に対する治療法、病理学、薬理学、毒物学、手術などで、 決して、栄養学や健康学、予防医学などの自然治癒力を引き出すものではないのです。
医師は自然治癒の研究をしているわけでは、ないのです。
医師は、化学療法についての質問には 答えることが、できるでしょう。
しかし どうすれば本来の体の免疫力の低下を防ぎ、より健康になれるのか? という質問には、ほとんど答えを持たないのです。
医療現場で働いている医師や看護婦には、本当に不健康な人が多いです。
その証明として、「医師の平均寿命が、一般の人の平均寿命よりも、低い」という事実があります。
あなたは、知っていましたか? あなたに指導しなければいけないはずの、医師よりも、
一般の人の方が、長生きしているということです。
こんなこと、おかしいですよね?
そしてもう1つは、本当のことを教えたら、儲からなくなるからです。
みんなが、病気を予防する習慣を、身につけたり自然治癒で病気を治す習慣ができると、大半の人は 医師に診てもらう必要が、無くなりますよね?
病院の経営は、成り立たなくなり、製薬会社や、医療器具メーカーは 大打撃で、ほとんどがやっていけなくなるのです。
現在ガン治療は、石油産業に次ぐ一大産業になっています。
テレビのコマーシャルや新聞の広告に、どれだけ薬の宣伝があるか、 莫大なお金が動いていることは、説明するまでもないでしょう。 テレビ局の大きなスポンサーは製薬会社なのです。
残念なことですが、これが現実です。
本当に怖いことですよね?
それだけじゃありません。
日本の病院では、風邪なのに、抗生物質を出すことがあります。
まともな医師に聞けばわかることですが、
風邪は、抗生物質と何の関係もありません。
例え、抗生物質をたくさん飲んでも、風邪が治ることは、ありえません。
身体の免疫力が、弱くなるだけです。
でもそれを出すと、保険制度で点数を稼げるのです。
お金が儲かるということです。こんなことは、許されることでは、ありません。
日本には、優秀で、善意のある医師も、もちろんいらっしゃいます。 しかし、お金のことしか考えていない、医師もいることが、現実です。
でもあなたは、お金儲けの犠牲者にならないで下さい。
それはあなたが元気でいることなのです。
もしあなたが、家族や人生を大切にしているなら、 ガンを克服するための食事法は大きな財産となり 健康を守る強力な武器になることは間違いありません。
本当に私でもガンが克服できるのだろうか・・・?
やはり、不安があることでしょう。
しかし、今回、お伝えする方法は、ガンに対してあまり知識の無い方から、
さまざまな治療を受けているが、思ったような結果が出ないで悩んでいる方まで、
多くの人が克服できた方法です。
あなたがガンを克服するために必要なもの、
それは、現代医療のほんの一部と正しい知識、
そして行動力だけなのです。
実は、私の父が実践してきたガン克服の方法とは、
ガン細胞の形成、増殖の阻止に一番役立つ食べ物とは?
ガン細胞の成長率を20%も減少させた飲み物とは?
ガン撲滅の秘訣とは?
死亡率を50%減少させたエクササイズとは?
ガンが再発する確率を85%まで防ぐ方法とは?
免疫力の低下を防ぎ、免疫システム機能の向上につなげる秘訣とは?
リンパ液を浄化する1番効率の良い方法とは?
心臓病、脳梗塞、糖尿病などから体を守る方法とは?
あなたのドロドロ血液が超サラサラになる方法とは?
気軽に飲めない薬や漢方薬の危険性とは?
沖縄の人の長寿の理由とは?
サプリメントはただ飲むだけでは駄目だった。その最適な飲み方とは?
末期ガンの診断をされても、12年以上生きている、100人の患者の共通点とは?
お酒を飲んでいて長生きした人の秘密とは?
どんどん老化のスピードを速めてしまう、食べ物とは?
人間が本能で食べたいと思うものとは?
統計でわかっている肥満体型の人がなりやすいガンとは?
多くの食べ物や飲み物の、間違った世間一般の常識とは?
最近の研究でわかったねずみの寿命が倍になった方法とは?
病気を招く食べ物、健康になる食べ物とは?
長年苦しんでいた、低体温症が改善された、方法とは?
初潮の始まる年齢を早めてしまい、後に乳がんになる危険性を高める要因とは?
血液検査でわかっている免疫機能が活性化する意外な方法とは?
ガン、心臓病、脳卒中など多くの病気になってしまう本当の理由とは?
心臓病や心筋梗塞、不整脈、高血圧に関連しているものとは?
健康を保つため、あなたの身体の生態系をクリーンにする方法とは?
知らないうちにほとんどの人が、自分の寿命を減らしている理由とは?
人間の身体に本当に必要な、ベストな食べ物、栄養素とは?
がん治療の武器になる食べ物とは?
ガンの発育を遅くする栄養素とは?
さらに、まだまだあります。
タバコと肺ガンよりも関係している、乳ガンと●●とは?
タバコが肺ガンの原因になるのは、ご存じの方も多いと思います。
しかし、それよりも乳がんに大きく影響を及ぼしているものがあるのです。
ほとんどの女性が知らずに毎日行ってしまっている行動とは?
本当に大切なのは・・・多くの栄養士がすすめる
“栄養のあるものを、どれだけたくさん食べるのか”ではなく、
“あなたの体が、栄養をどれだけスムーズに消化吸収できる状態でいれるか”
です。
その栄養をスムーズに消化吸収できる状態でいられる方法とは?
低体温症の人は、がんになりやすい?その真実とは?
最近の研究で、がん細胞は体温が35度の時に、一番活発になる
ということがわかりました。
つまり、低体温症の人はガンになりやすいのです。
すでに、ガンが発症されている場合、
低体温のままでは、ガン克服が難しいということです。
低体温症の人は、免疫力も低下した状態になります。
では、低体温症を改善するには、どうしたらいいか?
・・・食事法、運動、呼吸法、睡眠などで、低体温症は改善されます。
その具体的な内容とは?
以上のノウハウを知っていますか?
たったこれだけの事を知っているだけで、ガンが克服できる確率が飛躍的に上がるとしたら、
知りたいと思いませんか?
あなたも「癌細胞は見当たりませんよ」
と医師からの嬉しい診断を受ける事ができるのです
そこで、「ガンを克服したい!」と、言う方のために、わたしのガン克服の集大成、
「医者嫌いの父が、3ヶ月でガン克服した食事法」
という特別マニュアルを執筆いたしました。
これは、私が父を「決して死なせまい!!」と、それこそ死にモノ狂いで試行錯誤しながら、
培ってきたガン克服のノウハウを活かし、
ガンと診断されて間もない方でも、既にガン治療を始められている方でも、
成果がでるように実践済みの
今すぐに使えるノウハウを詰め込んだものです。
ガン克服で自分が出来ることから、何故ガン細胞がなくなるのか、
間違ったライフスタイルが、あなたのガンをいかに成長させているか
まで、ガン克服に必要なありとあらゆる方法を解説してあるので、
あなたが自分の状態に当てはめ、まず何から実践すればいいのか?
そしてどの様にガンと闘っていくのかが、ひと目で分かるはずです!!
この「ガンを克服するための食事法」を学んで、あなたがこの生活をスタートさせると・・・・
なぜ、自分がガンになったのかがわかる
本当に効果的な、ガン克服法を知る
自然に、克服できたことで、大きな自信につながる
治療費に使ってたかもしれない費用が、これからの人生に使える
家族と幸せな時間を過ごすことができる
「よく頑張りましたね。」
と医師に言われ、あなたも、ガンを克服し、明るく、楽しく、元気な生活を送りたいと思いませんか?
この教材を読んでいただいて、実行してもらえば、
あなたは、今まで悩んでいたことが信じられないくらい、
大きな幸せを、つかむ事が出きるかもしれません!!
数ヶ月後・・・あなたの人生は素晴らしいものに、変わっているかもしれません!!
ところで、ガンを病院で治療する場合、いうまでもなく治療費は高額になります。
症状・治療の内容によって様々なのですが、
手術を行い、その後抗がん剤投与、長期に渡る入院といった場合、数百万円は当たり前です。
治療が高度になるほど費用は、さらに高額になることは否めません。
「ガンを克服するための食事法」ですが、
あなたなら、この教材にいくらの投資をされますか?
書籍やセミナーなどで、経費をかけられると数十万円ほどは あっという間にかかってしまいます。
わたしも実際、試行錯誤するうちに200万円以上は使ってしいました。
私の様に、無駄なお金や時間を浪費をする前に、
もっと賢明で効果のあるものに投資して、
すこしでも早くガンを克服する第1歩を踏み出して下さい。
あなたには、なるべく負担をかけないでガン克服を目指して欲しいと考えています。
ですから、できる限り 無理なく実行して頂けるように
49800円⇒50名様先着価格29,800円でお譲りする事にしました!
今日【 】読んでいる時点で、もしかしたら50名様が埋まってしまう可能性もありますので、
もし、癌を克服したい!と本気でお思いならお急ぎください。
通常価格:49800円
↓↓
先着50名様に限り特別価格:29,800円
~お支払い方法~
【A4版冊子】と【CD3枚組】
●商品形式●
【ダウンロード版】か【配送版】をお選びいただけます。
音声 3時間18分  A4版冊子(特典) 全82ページ
【送料・製本代】は別途3500円です。
メールでの お問い合わせ(24時間受付中)
お電話とFAXでのご注文はこちら ■ クレジット決済 : 決済後すぐに商品をダウンロード、または配送
カードご利用先には決済会社名「インフォトップ」と記載されます
■ 銀行・郵便局振込み : お振込み確認後のダウンロード、または配送
■ コンビニ決済 : 決済確認後のダウンロード、または配送
■ 代金引換 :ご注文後、すぐに配送
* 個人情報はSSL(高度暗号化)通信により完全に保護されます。
※ご安心ください※
この教材は、医師の承諾なしに治療を行うものではありません。
あくまで、健康を目的とした、情報商材です。
簡単でわかりやすく、使いやすいように、 以下の補足教材を無料でお付けすることにしました。 特典1  全ての音声ファイルの書き起こし【A4版 63ページ】 あなたは耳から何かを学ぶ人でしょうか?
もしそうならばこの教材の音声を何度も聴いて下さい。
文字から多くを学ぶタイプの人も、たくさんいらっしゃると思います。
もしあなたが文字から学ぶというタイプなのでしたら、 何時間にも及ぶ音声を何度も聞く というのは、さすがに辛いものがあると思います。 ですから、今回は全ての音声の書き起こしをつけることにしました。
ポストイットを貼ったり、アンダーラインを引いたりして、
あなただけのオリジナルテキストとしてお使いください。
特典2
毎日の食事メニュー◆レシピ付き◆
食生活をガラリと変えるのには、私たちも本当に苦労しました。
今まで、好んで毎日のように食べていたものが、
実はガン細胞を増殖させていた、なんてことがわかってしまったら、
父には絶対食べさせれません。
かといって、許された食材の中には、どうすれば美味しく
食べることができるのか、わからないものもたくさんありました。
試行錯誤した結果、父だけでなく、家族全員で
美味しく頂くことができた、食事のメニューを、レシピと共に、
あなたにも、お贈りいたします。
(内容のごく一部です)
主食、副菜、汁物、ドレッシングの作り方まで、
数種類ずつご用意いたしました。
毎日お好みで、メニューを選んで頂ければ、献立のバリエーションは
500通り以上にもなる、豊富なレシピ集です。
特典3  再発を最大限に防ぐ年齢別最適プログラム表
ガンが克服された方は、ほぼ全員、克服とともに、
再発を心配されます。
口では言い表せない程の苦労を乗り越え、ガンを克服し、
やっと手にした幸せが、再発してしまえば、
また泡となって消えてしまいます。
誰だって、もう二度とごめん!と思います。
(商品のイメージです) ガンを克服したら、このあなたの年齢に合った最適のプログラムを実行し、
ガン再発を限りなく防いでください。
年齢が違えば体への負担も違いますので、あなたがたとえ高齢でも、
体への負担の心配をする必要はありません。 1日でも早く、すぐに実行することができます。
特典4  毎日チェック表
ガン克服するために、絶対に必要なこと、
それは、正しい知識のもと、習慣化することです。
でも、何時間にも及ぶ音声を、毎回聞きなおすのは大変ですよね? ですから、毎日簡単にチェックできるものを作りました。  習慣化するまで持ち歩いてください。
コピーして毎朝、目につく所に貼っておけば、「うっかり忘れてた!」
なんてこともなくなります。  外に働きに出てる人も、ポケットに入れておけばいつでもチェックすることができます。 ガン克服への生活、18箇条のチェックリストです。
29,800円の値段の価値はあるのでしょうか?
確かに、29,800円は大金です。
でも現在、ガンになって、医師にかかったり 薬を飲みつづけたり、入院されていたりすれば 1日、数万円はかかっていませんか? 何か月、何年にもなれば、200万円、300万円は当たり前です。
その生活から、1日も早く解放されるかもしれない。
そう考えると、どうですか?
私の父も、病院にいた6週間の間に、
入院費や治療費、検査費用、その他日用品をそろえたりと、92万円の費用がかかりました。 しかし、実際に父のためになったものはありませんでしたし、
現状はほとんど何も変わりませんでした。
前述した、自律神経免疫療法、BAK療法、CTL療法などの免疫療法は、
優れた治療法であるのは間違いありません。
中でもいま注目されている、活性化NK細胞療法にいたっては、保険が適用外ですから、
1回で、20万円~150万円もの費用が必要になってしまいます。
当然、複数回受けなければいけませんから、それなりの準備が必要です。
その点、このマニュアルは、
あなたの健康状態が驚くほどよくなることは、間違いありません。
それどころか、これから先、何十年もの時間、あなたが大切にできるノウハウです。
29,800円であなたは、何十年もの幸せな人生を手に入れることができるのです。 私の様に、無駄に時間やお金を使ってしまわれる前に、
簡単で効果のある方法で、すこしでも早くガンを克服し、
苦しみのない幸せを味わって下さい。
私たちにもそういった経験があるので、
できるだけ負担のない、お値段にさせて頂きましたが、
無理して購入はしないで下さいね。
※50名様を超えた時点で、大幅に値上げする場合があります。
Q&A
~よくあるご質問~
Q 癌と診断され、
すでに病院で治療を行っているのですが、実践可能ですか?
A もちろんできます。
化学療法をやめなければ、この教材を始めることができない、というものではありませんし、
医者の言うことは絶対聞くな!と言っているわけでもありません。
すでに病院で治療を行っている場合は、あなたの医師と十分相談して始めてください。
Q 効果のない癌はありますか?
A ありません。
胃がん、大腸がん、乳がん、子宮がん等、さまざまなガンがありますが、
ガンの発生プロセスは全て同じです。
もしあなたがガンになってしまったら、どの部位のガンであろうと、それは身体に良くない
間違った食生活や、生活習慣を長年してきた結果、細胞が変質してできたのです。
ですから、正しい食生活と生活習慣は、全てのガンの進行を劇的に遅らせることも
もちろん、無くすことにも、大きく役立つのです。
Q 年齢制限はありますか?
A ありません。
ちなみにこの教材のご利用者の最高齢者は、
今のところ90歳の男性です(わかっている範囲でですが)。
たとえおいくつであろうと、始めるのに遅すぎることはありません。
方法さえ間違わなければ、今の体の状態もあまり関係はありません。
ただやはり、始めるなら、1歳でも1ヶ月でも若い方が良いのは確かです。
あなたが、この教材を始めるのが、1ヶ月後よりも、今日、今からのほうが良い、ということです。
Q ひざを痛めているので、運動できませんが
この教材は役に立ちますか?
A 役に立ちます。
運動できなくても、できることは山ほどあります。
食事法で体重を減らして、足にかかる負担を軽くすることから始めるといいでしょう。
特に、高齢になってくると足から弱ってくるケースがかなり多いので
そういったことをカバーする方法も、この教材では話しています。
Q 色んなガンに関する教材を買いましたが、役に立つものはあまりありませんでした。
この教材は大丈夫ですか?
A この教材のテーマは食事法や運動法、生活習慣などで
いっけん、それほどスゴイものには思われないですよね?
しかし 日常生活ほど、あなたの身体を、変えるものはありません。
また、この教材の内容通りに生活されている方を私は見たことがありません。
私が出会っていないだけだとしても、そのような方ならガンにはなっていないでしょうから、
このサイトには出会っていないでしょう。
Q 医者が教えてくれないようなことを、本当に教えてくれますか?
A ほとんどの医師は、栄養学や予防医学、運動の知識をもっていません。
彼らが医師になるために、学ぶのは約2万の病気の名前と
治療法や病理学、薬理学、毒物学、手術などで、医師はあくまで
化学治療の専門家です。
医師の多くは、自分の力で免疫力の低下を防ぎ、健康を向上させる方法を知りません。
医師の平均寿命が、一般の人の平均寿命よりも、低いことを考えれば
すぐにわかることだと思います。
医師が自然治癒法を患者に教えていれば、病院経営は成り立ちません。
わたしがお話することは、ガンを克服するためのいくつかの原則と、
それを実際の生活で実践する方法です。
Q お金がたくさんかかるようなものではないですか?
A 食生活や生活習慣の改善といっても、高級な食材や、機械を買うことではありません。
むしろ、かなりのお金の節約になります。
この教材が、将来どれだけのお金の節約になるか考えると
それはきっと、数百万円はざらだと思います。
何よりも、ガンを克服すれば、お金にはかえられませんよね。
Q 配送版で購入したいのですが、
癌に関する商品であることがわからないように届けてもらえますか?
A 商品名は『冊子』になります。
また、癌に関する商品だということがわからないように梱包させていただきます。
開封されるまで中身はわかりませんのでご安心ください。
Q 商品はどれくらいで届きますか?
A 配送版の場合、商品は日本郵便、ゆうパックでの配送で5営業日以内にお届けさせて頂きます。
ダウンロード版の場合は、ご入金確認後すぐに内容をご覧になって頂けます。
メールでの お問い合わせ(24時間受付中)
お電話とFAXでのご注文はこちら
嬉しいことに、こんなご報告を頂いています
熊本県 高木 様
腫瘍マーカーの数値は完全に正常になり、
白血球のバランスつまりリンパ球と顆粒球のバランスが
最適な状態になったのです。
転移もなくひと安心。
私の夫は平成20年2月にステージ3になった大腸ガンの手術をしました。
その病院では「ステージ2以上のガンの場合、手術をおこなった後でも抗ガン剤投与が病院の方針です」と言われました。
夫の受けたくないという気持ちを尊重してあげたかったのと、私も受けさせたくない気持ちがありました。
なぜなら、知り合いが数人ガンの手術を受けたあと抗ガン剤を投与しはじめたとたんに亡くなったからです。
「これはなんとかしなくてはいけない」
私はそう考えてインターネットで色々調べているうちに、食事療法の手段があることを知りました。
でも一体どういう風にしたらいいのか、困っていた時にこの【癌を克服した食事療法】のサイトに出会いました。
教材が届いてすぐに実践。レシピが付いていたので、すごく助かりました。
夫も、「抗がん剤は受けたくない」と言った手前か、文句言わず出されたものを食べていました。
夫は現在までの4ヶ月間、食事法をきちんと実践したと思います。
その甲斐あって、腫瘍マーカーの数値は完全に正常になり、白血球のバランスつまりリンパ球と顆粒球のバランスが最適な状態になったのです。転移もなくひと安心。
それとともにガンという病名がもたらす死の恐怖が気持ちを重くしていたのですが、たった4ヶ月で楽に考えられるようになりました。
澄川さんには感謝してもしきれません。それくらい感謝しています。本当に抗ガン剤の治療を受けなくてよかったと思います。
最後に余談になりますが、夫と同じ食事に切り替えた私も、肩こりや冷え、めまいを感じることがなくなりました。ありがとうございました。
*お写真が苦手ということで、楽しい似顔絵と共にご報告を頂きました*
福岡県 小川順敏 様
先日からのPSA検査の結果は
どんと下がって0.17になっていました。
2か月前から始めた食事法が効果を出したと実感しています。
(2008/08/17)
送って貰った教科書音声と文章と両方聴き目を通し早速今朝から実行開始しました。
私は前立腺肥大でA医院に8年程かかっていましたが、
4センチ程に肥大してきているので手術をした方が良い、
このままでは排尿障害がひどくなるとの事でした。
そこで、B医院に手術の件で相談しましたところ、
確かに肥大しているけれど必ずしも手術しなくても良いと云う見立てでしたので、
排尿障害の治療薬を貰っていましたが、最近急に痩せて来たので少し気になっていたので
マーカー検査を受けたところ40と云う数値でした。
B医院の先生がこの数値はガンですよ!早速生検をしなくてはと云う事で検査をしました。
結果は前立腺癌でした。
生検12本の中ほとんど全部から癌細胞を検出した、との報告でした。
そこで8月15日にMRI検査と超音波での検査をして貰いました。
幸い骨への転移はなさそうです。
ホルモン療法で少し小さくなった所で医大に紹介して手術と云う治療方針です。
B医院の先生の説明では、前のA医院で手術されなくて良かったです、
肥大症の手術と癌の手術は仕方が違うのですよ、と言われました。
泌尿器の専門医が前立腺肥大を癌と疑わずにいた事に驚きあきれています。
食事療法を知って力を得ました。今後ともご指導お願い致します。
(2008/10/10)
先日からのPSA検査の結果はどんと下がって0.17になっていました。
7月29日の検査では53.9
8月が30で今回は0.17
すごい下がり方です。
絶対食事法の賜物と確信しました。
8月17日から始めた食事法が効果を出したと実感しています。
毎朝通じがちゃんと有るのも気持ちいいです。
本当に有難う御座いました。
(2008/11/14) 今月のPSA検査結果は前回0.17から又下がって 0.05になっていました。 8月17日から食事法開始しましたから約3ヶ月です。 医者は順調に数値下がっています、次回はもっと 下がって0.00なんぼになるでしょうと言って下さいました。
岡山県  亀井素浩 様
わづか1ヶ月の生活習慣の改変で、
病気は治るのだと言う事を身をもって経験させて頂きました。
これからの将来に希望が沸いています。
(2008/9/12)
お世話になります。倉敷の亀井素浩です。 メールを頂きながら返信しなくて大変失礼しておりました。 今日はうれしい報告をさせて頂きます。テキスト通りの生活を続けています。先日(9月9日)病院へ行き血液検査を受けました。 PSAの結果は、前回(8月12日)の7.9が、今回(9月9日)では4.3と大幅に下がっていました。始めた当時の心配は、杞憂であったと感じています。 1日当り0.12づつ改善していることになります。医師はこれまでの推移からすれば、今回も上昇しているだろうと 考えていたようで、何故下がったのか不思議がっていました。値が下がっているので生検はしないで、3ヶ月後の経過を見て判断しましょうと言われました。 次回のPSA値が下がっていたら、どんな生活をしているのか興味があるので話を聞きたいと言われました。今後とも正常値を目指してこの生活を続けて行きます。 わづか1ヶ月の生活習慣の改変で、病気は治るのだと言う事を身をもって経験させて頂きました。これからの将来に希望が沸いています。このような治療法があることを知らないで、困っている人が身近に いますので、澄川様のホームページを見るようすすめさせて頂いています。1日も早くこのテキストが、先ずは私の身近な人に伝わり、市民に、県民に、国民にと輪が広がって欲しいものだと思っています。 以上1ヶ月経過後の報告をさせて頂きました。 今後共ご指導よろしくお願い申し上げます。
(2008/12/7)
お世話になっております。亀井です。 その後の検査結果を報告いたします。 今月2日の検査でPSA値が3.73になりました。 8月→9月の1ヶ月と、9月→12月の3ヶ月では、 下がった数値に随分開きがありますが、 無事健康状態と言われる4.0以下になりました。 医師は上昇していた数値が、このように下がることは普通考えられない。
上がっていたのは何か別の要因があったのだろうか。 と首を傾げていました。 4.0以下なのでガンの疑いは無くなりました。 と言われ、病院通いから無事開放されました。 しかし、正常値とは言え4.0に近い数値なので油断することなく、
今後とも今までの免疫力向上の生活習慣を続けて行こうと思っています。
兵庫県 土田のぶ子 様
免疫力をつけるのはこの方法なのかと、
教えて頂いたように続けることで確信いたしました。
この度は、食事法につきいろいろアドバイスありがとうございました。
早1ヶ月が過ぎました。
一週間くらいしたころから身体が温かくなって、よく眠れるようになりました。
体重は2キロくらい減少しましたが、逆に軽く楽に歩けるようになって、気持ちも前向きに考え行動できるようになってきました。
顔色も良くなったと思えます。
毎日楽しい気持ちで過ごせるようになっています。
平成14年に肺の非定型抗酸菌症と診断され、風邪がなかなか回復しない状態が長く続いていました。
薬ができるまで、結核に対して使われる薬を3~4種飲むように言われましたが、3ヶ月くらいで肝機能障害から止めるより仕方なく、飲めなくなりましたが、なかなか身体のだるさがとれず、いろいろ方法を試みながらなんとか落ち着き、家事をしながら、行事をこなしながら五年が過ぎました。
一年ごとのレントゲン検査でこの九月にがんを疑われました。
血液検査に出ていないのに納得できず、どうしても細胞検査に応じる気持ちになれませんでした。
悩んでいる時、夫がこの食事法を見つけてくれました。
免疫力をつけるのはこの方法なのかと、教えて頂いたように続けることで確信いたしました。
本当にこの食事法を公開していただいていたことに感謝申し上げます。
ありがとうございました。
追伸
夫も同じ食事法につきあってくれていますが、身体は温かくなったし、メタボ改善できそうだと続けていくことに決めているようで、感謝いたしております。
神奈川県 室伏豊 様
いかに自分たちの食生活が、癌を成長させていたのか、よくわかりました。
わたしは、肺の上部に癌が見つかり、手術をしました。
手術は無事成功したのですが、喜んだのも束の間、
今度は、胃にも癌が見つかり、精神的にも参りました。
結局、胃の手術もうまくいき、何とか乗り切ったのですが、
この食事法のことを聞いてからいかに自分たちの食生活が、
癌を成長させていたのか、よくわかりました。
病院の先生とも、相談して、食生活はこの通りにして
病院での検査も受けるようにしました。
今は以前より、ずいぶん元気になりました。
また、再発しないように、できることは実行しています。
東京都 村山一郎 様
試行して8日目で排便が楽に、スムーズになり、
排尿頻度数が安定し、発汗がよくなった。
6年前の肺癌で左肺を一つ切断し、昨年再発し胸腔鏡下左下葉部分切除したが、その後
転移しているので抗癌剤投与したものの、効果がなく抗癌剤の種類を変え再投与した。
その結果、右手指のしびれ・立ち眩みの前兆に似た症状からMRIで検査した結果、脳に転
移していたため、脳神経外科でガンマナイフ治療を行い、13個所の転移性脳腫瘍を照射
(7月2日)した。ガンマナイフの効果はすぐには出ず、しびれ・ふるえ・ふらつきが酷くなってきて、
インターネットで首題に到達しました。
7月9日に入手し、翌日より毎日チェック表で試行して8日目ですが感想を述べてみます。
・朝食を■■に切り替えた結果、排便が楽に、スムーズになった。
・■■が飲めるようになり、■■、■■、■■を止めた結果、排尿頻度数
が安定し、発汗がよくなった。
・体重は1キロへりました。
・■■で■■を具体的に意識していなかったので、大変参考になりました。
来月にガンマナイフ、抗癌剤投与のフォローがあるので、食事療法を続けながら、どうゆ
う傾向が出るか楽しみにしています。
75歳の私ですが、癌体質を受け入れて、癌と共生しながら生活出来ればと思っています。
東京都 匿名希望 様
3ヶ月後には癌の片鱗さえ見られないほどに回復したのです。
この食事法に出会っていなかったかもしれない
未来を想像すると恐ろしいです。
私の父は61歳で前立腺癌と診断された時、手術をするか、
放射線で対処するかを迷っている状況でした。
進行が穏やかだという話を聞いたのでこの食事法でしばらく様子をみることにしました。
実践してみて、父の体調がみるみる良くなったので、
それだけでも驚きだったのですが、
3ヶ月後には癌の片鱗さえ見られないほどに回復したのです。
手術や放射線治療の場合、父への体の負担が心配だったのですが、
食事法ということでそにょうな心配をする必要もありませんでした。
経済的負担も全然なかったので助かりました。
父の回復を家族みんなで喜んでいます。
澄川様には感謝の気持ちでいっぱいです。
この食事法に出会っていなかったかもしれない未来を想像すると恐ろしいです。
ありがとうございました。
北海道 匿名希望 様
がんは、6回再発しました。
この食事法に変えてから、癌は再発していません。
根本的な原因が無くなったと確信しています。
「いつ癌が再発するかもしれない・・・」という不安も全くありません。
私は4年前、大腸癌を患いました。
幸い発見が早く、1度は完治しました。
それなのにその後がんは、6回再発しました。
抗がん剤の副作用は、本当に辛かったです。
吐き気がひどく、数日たってやっと食べられるかな、というところでまた治療。その繰り返しでした。
もう完治することはないのかと、本当に地獄ような苦しみでした。
父親を大腸癌で亡くしていたので、自分の癌も遺伝だと信じていましたが、
今考えれば、自分がいかに癌になりやすい食生活を送っていたかということがよくわかります。
この食事法に変えてから、癌は再発していません。
根本的な原因が無くなったと確信しています。
もう「いつ癌が再発するかもしれない・・・」という不安も全くありません。
何よりも、妻や子供たちに心配をかけないですむ、ということを本当にうれしく思います。
この教材で、人生が変わりました。
あの時思い切って購入して、本当に良かったと思います。
兵庫県 大久保由美子 様
「まさか食生活の改善でガンが治るわけがない」
と思いながらも、思い当たるところがいくつもあったので、
だまされたつもりで買ってみました。
母親のガンがこれで治せるかもしれない、
という希望でいっぱいです。
はじめまして、大久保由美子と申します。
私は36歳のOLです。
初めてこの教材を見たとき、
「まさか食生活の改善でガンが治るわけがない」
と思いながらも、思い当たるところがいくつもあったので、
だまされたつもりで買ってみました。
教材の内容を聞いていくうちに、
まさに自分たちの生活スタイルに当てはまっていたので驚きました。
たくさん変えなければいけないことがあるので、
少しづつがんばっていこうと思います。
今は、母親のガンがこれで治せるかもしれない、という希望でいっぱいです。
私の母は胃がんです。
病院の治療が過酷だったので、母はますます弱っていきました。
私も落ち込んでいました。
この教材ではじめて、ガンに栄養を与えるような食事を、
今までしていたことがわかりました。
食事法を変えてから、明らかに母が、元気になっているのがわかります。
この調子で、続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
大分県 匿名希望 様購入の前には質問にご返答頂き、ありがとうございました。まだ、本格的に実行はできてないのですが、現在の感想をお送りしようと思います。 教材を読んで、私の意識は変わりました。免疫強化については治療中の病院で患者同士の会話から聞いたことはありました。 でも「食事その他の生活改善による免疫強化で癌が治るなら医者は要らないだろう」くらいに思っていました。けれどもこの教材を読んで、抗ガン剤が100%有効なものではない事も考え合わせていると、免疫強化ということに興味が湧いてきました。インターネットでいろいろと調べることができる環境にはありましたが、癌を発症して以来、これまでは逆に情報を知ることが恐く、敢えて癌に関して調べることを避けていました。けれども、たまたまこの教材を目にし、なんだか知りたくなり、少々高額だとは思いましたが、このまま目をそらせられない気持ちで思い切って購入しました。 その後は上にも書きましたが、免疫力を高めることに興味が湧き、自分なりにその方面の書籍を買ってみたり調べたりしています。そんな中で、この教材にある食事法や呼吸法などをできる範囲で取り入れてみようと思いました。 もちろん、この通りにできればいいのですが、家族もあり思うようにいかない部分もあるので、 あまりきっちりやろうとするとストレスもたまりそうな気がしたので少しずつ手をつけていこうと思っています。けれども、ちょっと食事の意識を変え、■■をしてみたり、その他も少々意識を変えただけで、このところ辛かった肩こりの痛み(首から肩にかけて痛く、リンパ腺まで痛みを感じていました)が、無くなったのです! 肩を押してみると、まだ堅い感じはあるのですが、自分で感じる不快感が殆どないのです。 この本をきっかけに免疫強化に関心を持ったおかげで病院での採血の結果の意味もよくわかるようになり、次の採血の結果も楽しみでもありますが、その数値を見て自分の体調の善し悪しが以前よりも実感することができそうで頑張る源にもなりそうで楽しみでもあります。これまで何かにおびえながら過ごしてきたように思えますが、これからは意欲を持って生活できそうです。現在、乳ガンから骨に転移の状態で、口径抗ガン剤を隔週で服用、ハーセプチンという分子標的治療薬と骨を強くするゾメタという点滴を病院でして頂いています。 抗ガン剤を今すぐにやめる勇気はないのですが、このままもし調子よくいって、いつの日か主治医に抗ガン剤のストップを相談できる日がくるといいなと思います。
兵庫県 大川 様
こんにちは大川です。 私は乳がんの告知を受けて、手術をうけなければいけない状況にいます。
そうしないと、転移をして、いつかは命を落とすという状況だそうです。
聞いたときは非常にショックでした。
原因はストレス、食べ物いろいろあるようですが、
今まで頂いていた■■、■■、■■、■■、■■等が、
健康に良くない食べ物であることを、この教材を通じて初めて知りました。
また、教材を一通り読んで、呼吸法、■■をたくさん■■こと、
■■の生活に変えていくことを少しずつですが実践しています。
私は■■が大好きなので、なかなかすぐにはやめられませんが、
1日の回数を減らしています。
本当に毎日の食べ物は健康のために重要ですね。
細かく書いていただいた、この教材を
何回も復習しながら健康体へ変えていきたいと思っています。
ありがとうございました。
東京都  S.N 様
澄川様へ
購入して1ヶ月が経ちましたので、現在までのレポートをお送りさせて頂きます。
私は41歳の時、首の回りに異変を感じ、 検査の結果、悪性リンパ腫と診断されました。 最初は放射線で治療され、一旦は改善しました。が、 その後再発。 その時も抗ガン剤で治療をしましたが、またしても再発。
そこで、「このままではガンという現象に対処するだけで、 一向に原因を絶ちきることはできない」と気づかれました。
その後、自分で体調を徹底的に管理するべく、食事療法、気功、マインドコントロール、などの勉強を始めました。
たまたまヤフーで検索している時に、飛び込んできた澄川さんのサイトを、何時間も拝見させて頂いたのを今でも覚えています。
購入してから1ヶ月、出来る範囲で実践しています。
実践してから5日ほどから、朝の目覚めが良くなり、便も臭わなくなりました。ガスの悪臭にも悩まされておりましたが、それも無くなりました。疲れも次の日に残ることもなくなりました。とにかく体が軽く、快適です。
今回こそは、再発しないように頑張ります。
いつもご丁寧なご回答と、励ましのメールありがとうございました。
また進展がありましたらご報告させて頂きます。
東京都  匿名希望 様
大変お世話様になります。 今回このテキストを購入したのは、自分ではなく母が肺がんになってしまいました。 医者からは、別の病気を言い渡されて、その病気を信じております。このことは私と 家内しか知りません。 従って、このテキストを、そっくりそのまま見せるわけにもいかず、仕事を終えてか ら、自分なりに要点をまとめて編集し、癌と悟られないようにまとめました。 テキストを購入してからは、とりあえず食事療法として、テキスト通りのことを母は 実行しているみたいです。 特に呼吸法は、大変よく効くといっておりました。 今後とも、アドバイス宜しくお願いいたします。
神奈川県  T.Y 様
澄川信也様 こんにちは、■■です。 いつも励ましのメールを有難うございます。 実は私の嫁入り先の末娘が肺腺癌と解りステージ4と診断されました。 3月から治療を続けイレッサを投与していましたが先日の検査で元は乳癌だと解りま した。 今まで藁をも掴むつもりでアガリクスを飲んだり節々の痛みを和らげるように針灸を したり、丸山ワクチンを打ったりしていましたが、来週からは主治医も外科に変わり 本格的な抗がん剤を投与する予定です。 そんな時に澄川様の「ガンを克服した食事療法」を知り他に影響も無く直ぐにでも出 来るということで申し込みました。 あれから娘にはすぐに実践させています。 またメールさせて頂くことがあるかと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。 取り急ぎ、ごあいさつまで。
ヨシダ 様
澄川さま 迅速な発送をありがとうございました。  不在にしており、本日受け取りました。 つい最近、身近に診断を受けた方がおられて 何とか力になれたらと思い、 検索するうち 「私の父がガンを克服した食事法」に出会いました。 ただ私には知らされてないことになっており、お薦めするのがためらわれますので、 その息子さんにお見せしてから と思っています。 私も実父をガンで亡くし、食生活の大切さを実感しています。 17,8年前になりますが、余命3ヶ月~半年との診断に、父に納得してもらうため に家族は告知ししました。 そして 知人の勧めで食事療法を始めました。 ・・・転移のガンも小さくなり・・余命が限られていることで抗がん剤も減らし、つ いには止め自宅で元気を取り戻しました・・。 1年余り、誰よりも元気でしたが、ある日美味しいものが食べたい、疲れたなあと言 い、■■は口にはしなかったものの元の食事をするようになりました。 その後は見る見る体が弱り・・・ 家族も良く頑張ったのだからとそこであきらめてしまったのです。 診断から2年でした。 それからとくに私は家族の食事を大切にするようになりました。 今わたしの場合はとくに■■が過ぎて・・それを止めなきゃと60歳を迎える 今、切実に思っています。 これを止めたら8割は出来てる? まだファイルをさっと拝見したばかりですが、私が日ごろ好んで食べている食品が並 んでいます。 主人も母を亡くしていますので、二人で今まで以上に気をを付けて暮らそうと話して います。 ディスクを聴いて まずしっかり読ませていただき、私も実践いたします。 お薦めして、何か進展、結果が見られましたらお知らせいたします。 素晴らしい内容に感謝!です。
メールでの お問い合わせ(24時間受付中)
お電話とFAXでのご注文はこちら
まだ購入を迷われている方へ
あなたの幸せな人生のために聞いてほしいこと
あなたにとってこの教材の知識は 一生を変えるインパクトがあることは、まず間違いありません。
でもあなたは、私の言っていることを信じる必要はありません。
最終的には、何が本当なのか自分自身で確かめるしかないからです。
私自身、ありがたいことに、たくさんの喜びの声や、感謝のお手紙も頂きました。 そういったお便りは、本当に私の宝ものです。
私はもう十分、満足です。
ですから、ガンを克服する事を、真剣に考えて、 常識にとらわれず、新しい生活スタイルを 求める方のみ、お申し込み下さい。
私から見れば、ほとんどの日本人の食生活や、 生活習慣は自分を病気にしたり、 寿命を縮めることをすすめているようにしか見えません。
多くの人は、自分を殺そうとしているのです。
あなたもそうかもしれません。
そして、大半の人たちが、
取り返しのつかないことになっています。
若い人に、ガンや多くの病気が多いのも何の不思議もありません。
さきほども言いましたが、 医療は本来、人間が幸せになるために、必要なものであって、 お金儲けを、優先するためのものではないはずです。
食品を扱う仕事もそうです。
日本は発ガン物質を大量に含む食品添加物を 世界で1番使用しているのです。
お金儲けのために、
毒性のある食べ物や、飲み物を売るのは、日常茶飯事なのです。
私は人の健康よりも、お金儲けを優先する人たちを、断固拒否します。
もうそんな時代ではないはずです。
私の指導を受けたほとんどの人たちは、 「お金にはかえられない知識を学んだ」と言ってくれています。
おそらく将来的には多くの人たちが、 この知識を身につけることになるでしょう。
最適な食生活や生活習慣をすれば、人間は病気にはなりません。
歳をとっても病気にならずに健康でいられる方法 が、わかる時代になったのに、それを学ばないのは非常にもったいないことです。
もっと生きたいと願うのなら、賢い選択をしてください。
未来を変えるのはあなたの決断なのです。
どんな名医の治療を受けても、体にふさわしい食事をしたり、生活習慣を改善してはくれません。
医師はアシスタントにすぎないのです。
そんな、医師や、病院、最新の薬や医療装置よりも
あなた自身ができることの方が、はるかに多いのです。
今まで、どうしても、健康になれなかった人には、 大きな救いになることは間違いありません。
私の役割は、あなたがすでに持っている、 身体の本当の力を引き出せるように、お手伝いすることです。
最後に、追伸・・・
本音を言うと、このノウハウを執筆するにあたり、
わたしに迷いがなっかったという訳ではありません。
でもわたしが覚悟をもって執筆したのには理由があります。
それは、ガンに苦しんでいらっしゃる方や、そのご家族の辛さ、苦しみの大きさです。
ガンと宣告され、困惑し、闇に包まれている方は、本当にたくさんいらっしゃります。
そのなかでも、あなたと同じように、「もっと生きたい・・・」と願い、
本当に悪戦苦闘れている方があまりに多いのです。
化学療法の犠牲になられている方も、たくさん見てきました。
薬などの化学療法だけに頼るのは確かに楽かもしれませんが、
問題の、本当の原因を改善せずに健康になることはできないのです。
もちろん、化学療法が絶対に必要な方もいらっしゃります。
でも、あなたには、こういった選択肢もある、ということを覚えていてほしいのです。
あなたの貴重な人生を180度変えてしまう、方法があるということをです。
そして、私は“死ぬまで病気にならない”人たちを1人でも増やしたいのです。
これは、同じ悩みを抱えてきた私の、使命だと考えています。
あなたが、今までお話した教材を実践された方と同じように、ガンの苦しみから解放されて、
人生が変わったと、聞かせて頂けるだけで、私は幸せです。
1人でもそういう人が増えてくれれば嬉しいのです。
ただ業界の激しいバッシングによりこの教材をいつまで公開し続けるかは、
本当に約束できません。
でも、本気でガンを克服したいと思っている人を見て見ぬふりは、私にはできません。
ですから、可能な限りずっと公開していきたいと思っています。
あとは、あなたがやるかやらないか、本当にそれだけです。 この情報を見つけて、最後まで読んでいただけたのは、偶然ではありません。 あなたが健康を大切にする、知的な人だからです。 死ぬ間際になって、人は、自分のやったことを後悔すのではありません。 やらなかったことを、後悔するのだそうです。 あなたなら、できる。
癌と食事の密接な関係アドバイザー 澄川 信也
メールでの お問い合わせ(24時間受付中)
お電話とFAXでのご注文はこちら ※ご安心ください※
この教材は、医師の承諾なしに治療を行うものではありません。
あくまで、健康を目的とした、情報商材です。
当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。
なお、売り上げの一部は恵まれない子供たちや、次世代のために有効に使わさせて頂きます。
お気に入りに追加 特定商取引法に基づく表記
Copyright(c) 2008 医者嫌いの私の父が3ヶ月でガンを克服した食事法 All Rights Reserved.

>> 続きはこちら






スポンサーサイト

癌(がん)と闘う家族のために

ガンと闘う家族のために - 家族が癌(がん)だと知らされたら 日本全国ガン難民とは?

■□■ 「ガンと闘う家族の秘訣メール講座」を配信中(全12回) ■□■ ガン 癌 がん 腎臓がん 末期がん 抗がん剤治療 ガン難民 緩和ケア ターミナルケア 東洋漢方 西洋医学 メンタルケア
「もしも、ある日、突然。家族が癌(がん)だと知らされたら・・・」
ガンと闘う家族のために必要なものとは?ガンと闘う家族のために - ある日、突然。家族が癌(がん)だと知らされたら癌と闘った家族が ガンで苦しむ家族を応援する情報 をお伝えいたします。「日本全国ガン難民」とは ?このサイトを訪れたからにはご存知だと思いますが、
連日のように新聞やテレビで、癌(がん)に関する報道がやむことはありません。
しかし、そのどれもが、どうすればガンが治るのかという報道よりも、
がん治療に関する医師不足や病院のランキングなど。
本当の「現実的な問題」に向き合うものはそう多くはありません。
現実的な問題とは、他でもない、家族がガンで苦しんでいることです。
また同じガンといっても、癌細胞ができた場所によっても違いがありますし、
がんの進行状態によっても大きな違いがあります。
一口に「ガン」といっても、いろいろな種類があり、その状態によっても大きな違いがあるにも関わらず・・・
区別なしに、ひとまとめにして扱っている、そんな情報に対して疑いを隠せません。
なぜなら、そのような情報は、一つ一つ取り上げるほどの価値がないものとして、
ひとまとめに扱っていることが、実に多いからです。
今から、あなたに読んでいただく内容は、私の家族が経験した、
現実的な「癌と闘った経験値」の一部始終です。
そのどれもが机上の空論ではなく、まさに現実問題として起こったことなんです。
だからといっても、どこかの病院や団体を糾弾するものではありません。
今からお伝えすることは、天国にいる母から私へ、
生前に託された大切なメッセージなのです。
母は生前、病院の自室や車椅子でお散歩していた時に、
「もしもの時には」という話をしてくれました。
「もしも」とは、もし自分(母のこと)が亡くなってしまったらということです。
もしも自分が亡くなったら、「この貴重な経験を他の人達に伝えて欲しい」といっていたんです。
貴重な経験とは、あの時、実際に過ごしていた「癌と闘っていた日々」のことです。
ですから、今からお話することは、天国にいる母からのメッセージであると共に、
ガンで苦しむ家族を応援する情報です。
それも末期がんと宣告された、家族が届けるリアルなメッセージです。
この情報が、あなたにとって有益なものになるのか私にもわかりません。
その理由は、癌が発見された箇所や進行状態などによって、
あなたを応援できる情報になりえるのか判断がつかないからです。
しかし、この情報を届けるにあたって、ひとつだけお約束できることがあります。
それは、あなたと同じように、家族がガンで苦しんでいる心の痛みを、
私も同じように体験してきたことです。
また、あの時に経験したことからお伝えできる、リアルな、本当の情報がもっている、
現実問題として、「生の経験値」にもとづいた応援メッセージであることです。
さらに試行錯誤を重ねながら、一生懸命努力をしながら、
同じ家族として支えあってきたことです。
母は天国へと旅たちましたが、今でも家族として支えあっていることには違いがありません。
今から2008年に降り注いだ、私の家族が経験してきた「癌問題」についてお話します。
当時を振り返りながら、あなたと、最新のガン情報をシェアしてみたいと思います。
ガンと闘う家族の現実問題とは?では、今から私の家族が経験した癌と闘う日々についてお話しさせていただきます。
あくまで母の意志にもとづいて公開する情報なので脚色等は一切ありません。
これらの点をふまえた上で、この先を読み進めてみてください。
「どのようにガンが発覚したのか?」2008年2月。血尿が出る母が自宅近くの病院へ向かったところ、
膀胱炎と診断されました。普段なら処方されたお薬で治るのですが、
数日経ってもよくならなかったため、再度同じ病院へ向かいました。すると診断結果は「ガン」である可能性が高いため、
今すぐにでも大きい病院で再検査を受けることをすすめられました。
急いで某大学病院で精密検査したところ、
やはり診断結果はガンでした。あらゆる癌の中でも腎臓ガンは非常にめずらしいレアケースであることを知らされました。
と同時に、癌の進行が思っている以上に進んでいることがわかりました。あの時「先生、私死ぬんですか?」と泣きたいのをおさえながら、
病院の先生に尋ねていた、母の姿が今でも忘れられません。家族の私たちにとって、非常にショックな出来事でした。
(ガン診断結果を聞く際、実際に使われた説明用紙)
「抗がん剤投与の影響とは?」それから第一回目の抗がん剤投与までの日々は、
いつも通りの日常として過ぎていきました。ただひとつだけ違っていたことは、
いつも自宅にいる母が病院の一室にいることでした。当時はまだ末期がんであることを知らされなかったこともあり、
家族の誰もがひたすら病気が治ることだけを信じていました。
抗がん剤投与の後に見た、母の姿は想像を絶する以上のものでした。一切食事が受けつけられないばかりでなく、
嘔吐し続け、目も開けられない状態だったのです。こんな思いをするくらいなら死ぬほうがマシだと、
当時の母は言っていました。
その病院の医師の説明では一回目の抗がん剤投与によって、
70%~80%のがん細胞をやっつけられると事前に知らされていました。しかし抗がん剤投与後に受けた説明では、
態度を豹変させ、余生を楽しめという内容だったそうです。治るといってた話が急転直下のごとく、
途中で放り出された形となってしまったのです。
「保険がきかない東洋漢方によるガン治療とは?」成す術をなくしてしまった私たち家族は、
別の手段を探すために新たな情報を求めました。そうやって見つけたのが東洋漢方による治療だったのです。
民間の医療施設による治療ではありませんでしたので、
保険がききませんでした。ガンの苦しみと共に、経済的な苦しみがダブルで襲ってきたのですが、
それでも母の快方を願い、漢方を飲み続ける日々がやってきました。
ちょうどその頃、抗がん剤の副作用で抜け落ちた髪の代わりに、
生まれてはじめて美容院でかつらを新調しました。そんなある日のこと、車で移動している際に、母がぽつりと一言こぼしました。「あの人たち、みんな、髪の毛があって羨ましいわ」「またすぐに生えてくるよ」と談笑するわけですが、
それでも痛いほど母の気持ちを察することができました。
漢方による自宅治療に専念していたのですが、
夜7時くらいになる度に極度に具合が悪くなっていきました。毎日飲んでいた漢方を途中から飲むことさえ嫌がるようになったのは、
母の体調が一向によくならなかったからです。それでも定期的に東洋漢方のクリニックに出向いて行くと、
「無理して飲まなくてもいい」という言葉をいただくばかりの日々・・・
またもや途中で放り出された形となり、信じたものに裏切られたような、
そんな気分を家族の誰もが感じた瞬間でした。
「救急車にお世話になる日々とは?」それから夜になると具合の悪さが加速していき、
ついに救急車を呼ぶほど状況が悪化していきました。点滴をうつ母の横顔を見つめながら、
もはや家族の私たちも疲れのピークを迎えていました。翌日少しはよくなった母の笑顔を見ると、
疲れのピークを忘れるほど喜び合う家族の姿がありました。あの時、私たち家族は家族で支えあう大切さを、
あらためて学んだ瞬間だったのでしょう。
しかし数日後には体調を急変させ、
再び救急車を呼ばなければならないことが数回続きました。搬送先の病院がなかなか見つからず、
大通りで停車した救急車の車内に取り残されたこともありました。
(ニュースの中で起きていることが現実になるだなんて…)そんな時でも私たちはひたすら願うことしかできませんでした。
自分の母が身体を痙攣させる姿を見ることになるとは、
あの時まで思いもしませんでした。本当に切ない感情に胸を引きちぎられる思いだったのです。
「信頼できる医師との出会いとは?」そうやって次の策をうつべく、新たな某病院のお世話になることになりました。
不思議な縁で知ることになった病院だったのです。その病院の医院長先生に今までの経緯を話してみると、
東洋医学に頼った甘さを知ることになりました。癌の末期の末期になると途中で投げ出したように、
放り出す姿勢を他でも散々見せてきたことを知りました。また現在の日本が「日本全国ガン難民」になっている現状を教えてもらいました。
ようやくたどり着いた信頼できる医師との出会いでした。医師の膨大な症例データによる経験値がいくつも蓄積されていることと、
私たち家族の経験値が重なる瞬間でした。インターネットの時代において、口コミや噂も大切な情報源ですが、
もしくはマスコミに掲載された記事も貴重な情報源なのかもしれません。しかし、それ以上に「実際に体験してきた事実」というのも、
貴重な情報源になりえることを知った瞬間でもあったのです。
つまり「ガンと闘う患者や家族だからこそ知りえる情報がある」ということです。
わらをもつかむような心境で過ごしてきた家族の想いに対して、
次第にわずかな木漏れ日が差し込んできました。医者としての「大きな使命」を感じていることが頼もしく感じました。だからこそがん患者である母も、私たち家族も一緒になって、
ついに信頼できる医師と出会えたことに喜びを隠せなかったのです。それからの私たち家族は、その病院の筋の通った考え方や、
看護師さん達の優しい配慮によって、次第に心が癒されていったのです。
「車椅子の思い出とは?」それから一時帰宅しては楽しい時間を過ごしながら、
たまには車椅子でお散歩をする日々を過ごしていきました。なるべく精神的なストレスを減らせるよう、
できる限りの努力をしていきました。
生まれてはじめて車椅子を扱いましたので、
お散歩に出かける際は極めて慎重に押し出していきました。少しずつ母の身体が歩行するスピードになってくる度に、
嬉しそうにしている母の姿が愛おしくてたまりませんでした。同時に胸の中で、もし神様がいるのならば、
大きな感謝を伝えたい気持ちで胸の中がいっぱいになっていきました。
ある日のこと。いつもと同じように車椅子でお散歩していたのですが、
途中で傾度のある坂道にさしかかってしまったのです。そこは工事現場で誘導する男性がいたのですが、
その男性は、とっさに手を貸して、私たちを助けてくれたのです。さもアタリマエのように行動するその男性の優しさに導かれながら、
私と母は無事坂道を登りきることができました。すぐに「ありがとうございました」と声をかけると、
こちら以上の笑顔で微笑んでいる姿がまぶしく感じられました。人の親切がこれほどまでに大きな力をもたらしてくれることを、
母と一緒になって嬉しがりました。感謝で胸が溢れていったのは言うまでもありません。
「2008年ハロウィーンの出来事とは?」しかし楽しい日々は長くは続いていきませんでした。2008年のハロウィーンを迎える前日、
深夜の2時頃、入院先の病院から、突然の連絡が携帯に入りました。
眠い目をこすりながら気合を入れなおして、
車のエンジンを入れました。マイカーで夜道を走らせながら思ったことは、
慎重に車の運転に集中することでした。夜中に叩き起こされた衝動と眠さを吹き飛ばしながら、
高鳴る鼓動を静めることを思い続けました。車中で視界に入ってくる現実とぼやけた頭が考え出すあらゆることが、
車線変更して病院に近づくたびに一致していきました。院内の駐車場に車を滑り込ませた後、
私たちは母が待つ病院の一室に急ぎました。
そこでは見たこともない管でつながれた母の姿があり、
大きく息をしようと必死になっている、新たな現実が目に飛び込んできたのです。
「天国への旅たちとは?」それから数時間後・・・
母は天国へ導かれるように、
私たち家族と手を繋ぎながら旅たっていきました。
自分の親が亡くなることを信じることができませんでした。
でも母は最期に笑顔を残しながら、静かに息をひきとっていったんです。「生んでくれてありがとう。」気づいた時に私は、母の胸元で何度もこう言ってました。
元気だった頃の母なら、「今さらなんでそんなことを言うのよ?」と、
おどけて冗談交じりに言っていたことでしょう。しかし、もう母から冗談を聞かされることはありませんでした。
2008年ハロウィーンの日、母が天国へと旅たってしまったからです。
それから数時間後、入院していた部屋を整理して荷物を車に積み終えると、
どうしても必要なものがでてきました。それは涙をぬぐうためのティッシュでした。
「ガンと闘う日々の回想とは?」ティッシュで何度ふいても溢れてくる涙が、
私たちに母の存在の偉大さを知らしめしてくれたのでしょう。
家族として過ごした日々に別れを告げる代わりに、
優しい陽射しが、残された家族がいる部屋の中に降り注いでいきました。光につつまれながら、そばにいる私たち家族にとっては、
ガンと闘った壮絶な日々が思い返されました。
窓から降り注ぐ太陽の光が、
光を浴びる世界の「闇と現実」を明るく照らし出していました。どこまでも続く、言いようのない寂しさとショックが、
母のいた部屋に果てしなく広がっていきました。母への大いなる感謝が胸に溢れてくると、
泣きながら笑っている不自然な笑顔をつくっていました。
それでも残された家族としてやるべきことがまだまだありましたので、
最後まできっちり天国まで見送る決意をすることになります。その時ふと胸に浮かんできたことがあったのですが、
生前の母と交わしたひとつの約束でした。
その約束が、いまここで、あなたに読んでいただいている内容です。「ガンと闘った家族だからこそ 【 知りえた情報 】 がいくつもあるのだから、
私達の経験を の役に立ててほしい」この約束を守るために、当サイトを立ち上げることにしたのです。それでは今から母との約束を果たすために、
をお伝えさせていただきます。
癌と闘った家族が、全国でガンに苦しむ家族に向けて情報をお伝えいたします。
その前に簡単な自己紹介をさせてください。
「こんにちは、神岡シンゴリスと申します。普段は心理カウンセラーとして活動しておりますが、
今回あなたにお届けする内容は、現代を脅かすガン問題です。」
「同じガンといっても、癌細胞ができた場所によって違いがありますし、
がんの進行状態によっても大きな違いがあることを理解した上で、ここから先は読み進めてください。」
「息子である私や家族が体験してきたことの中から、
少しでも癌に関係する有益な情報をお届けするために用意させていただきました。」
それでは早速ですが、ガンで苦しむ家族を応援する情報の中身をご紹介いたします。
そのすべてをサイト内でお伝えするには、あまりにも文章量があるため、
ほんの一部で恐縮ですが、抜粋して列挙してみます。
【ガンと闘うメンタル準備偏】
「家族がガンと宣告された時のメンタル面からはじめる準備とは?」
ガンと宣告された時のショック、つまり心の重力は計り知れないものがあります。
この重力と向き合うには、ある程度のガンに関する予備知識だけでなく、
家族に対する配慮も含めて、心の準備をしていくことが必須だと考えます。
ガンと闘う日々へ向けてスタートするメンタルケアについてお話させていただきます。
■ ガンの可能性を受けとめるメンタルケアとは?
■ ガンと宣告された際の本人へのケアとは?
■ 再検査へ望むメンタルケアの心得とは?
■ 癌と闘う家族に向けた心の準備とは?
■ 担当医との上手な付き合い方とは?
■ がん治療同意書に同意する際のポイントとは?
■ 入院診断計画書を受け入れる際のポイントとは?
■ 中心静脈カテーテル挿入に関する説明・同意書に関するポイントとは?
■ 最初の入院でケアしておきたいこととは?
■ 抗がん剤治療をする前の準備とは?
■ 抗がん剤治療中のリアルな実情とは? → 【ガンと闘う知識偏】へ
■ 抗がん剤治療後のメンタルケアとは?
■ 別の手段を探す際の準備しておきたいこととは?
■ 病院から見放されたときのメンタルケアとは?
■ 医師が言う「自らの意思」で決断する意味合いとは?
【ガンと闘う環境準備偏】
「現実的な問題(病院選び、医療選択など)からはじめる準備とは?」
ガンと闘う現実的な側面に焦点を当てて、あらゆる環境を準備していくことになります。
病院選びや医療の選択など、実際問題どのように環境整備を進めながら、
最良の選択肢と出会えるかが、家族でガンと闘うキーポイントになります。
ガンと闘う日々へ向けた現実的な環境面についてお話させていただきます。
■ 大きな病院が良い病院とは限らない理由とは?
■ 患者にやさしい環境施設とは?
■ 患者にやさしい環境の立地条件とは?
■ 担当医から本音を引き出す方法とは?
■ 主治医を見つける際のポイントとは?
■ 良い病院と出会うために欠かせない要素とは?
■ 抗がん剤治療をする際に選んであげたい選択肢とは?
■ 末期がん時の病院の選び方とは?
■ 末期ガンだからこそ注意しておきたいポイントとは?
■ インターネットで病院の情報収集する際のコツとは?
■ 入院時の備品に関する知っておきたい情報とは?
■ 救急車にお世話になる際のポイントとは?
■ 一時帰宅する際にしておきたい環境整備とは?
■ 訪問介護をお願いする際の外せないポイントとは?
■ 介護用品を購入する前に知っておきたいこととは?
【ガンと闘う知識偏】
「手放しで医師の言うことだけを鵜呑みにしないガンに関する予備知識とは?」
家族一丸となってガンと闘う場合、医師の言うことだけを鵜呑みにすることはできません。
なぜなら病院側の方針もあることですし、なによりもガンを100%治療できる医師が、
利用環境も併せて、現在の日本には少なすぎる実態があるからです。
ガンと闘うために最低限知りえていたい予備知識についてお話させていただきます。
■ 日本全国ガン難民のリアルな実情とは?
■ 腎臓ガンの実態とは?
■ ガンと闘う他のご家族達と話し合ってきた情報ネットワークとは?
■ 入院時に最低限必要になるものとは?
■ 抗がん剤治療中のリアルな実情とは?
■ 抗がん剤治療の限界とは?
■ 東洋漢方によるガン治療の実情とは?
■ 東洋漢方 VS 西洋医学の実態とは?
■ 緩和ケアで使用されるオプソの効用とは?
■ 末期ガンで使用するモルヒネ効果の限界とは?
【ガンと闘う介護偏】
「高齢者介護と切り離せない介護と向き合うガンと闘う家族の実態とは?」
介護保険の適用を受けながら取捨選択することが必要になる側面がでてきます。
本人の意思で在宅介護を選んだ場合、どうしても外せないポイントとなる部分は、
各々の家族が置かれている状況次第で、いくらでも違いが出てくるのではと考えます。
介護サービスを受ける際の注意点などについてお話させていただきます。
■ テレビや新聞では教えてくれない介護の実態とは?
■ 主治医と介護士との禁断の関係とは?
■ 介護サービスを使う時の注意点とは?
■ 要介護認定の基準で知っておきたいポイントとは?
■ どこまで介護士にお願いしていいのか?
■ 理屈じゃ通らない介護の現実とは?
■ 自宅療養時におさえておきたい要素とは?
■ 介護保険を有効活用する方法とは?
■ バリアフリーと一緒に考えたいポイントとは?
■ 食欲がない時に作ってあげたい食べ物とは?
【ガンと闘う家族の+α偏】
「ガンと闘う家族だからこそ、知っておきたい【+αの知識】とは?」
家族がガンになるとあらゆる面から心の重力が襲ってきます。
もはや理屈や理論が胡散臭くなるくらい、日々やってくる現実が否応なしに襲いかかり、
と同時に、心から癒される世界に感謝を実感せざるをえない、深い出来事と遭遇していきます。
ガンと闘う家族だからこそ心が癒される世界があることについてお話させていただきます。
■ 緩和ケアが意味する痛みの対処とは?
■ ターミナルケアで準備しておきたいポイントとは?
■ 人気ホスピスに入れなかった時の心の対処法とは?
■ 医師や看護師と信頼関係で繋がった瞬間とは?
■ “その後”に考えておかなければならないこととは?
■ “その後”の家族に対するメンタルケアとは?
■ ガンと闘う患者や家族だからこそ知りえる情報とは?
■ ガンと向き合う家族の宿命とは?
■ ガンと闘ってこそわかる家族の絆とは?
■ 感謝レベルの深さが精神レベルであったと実感できる瞬間とは?
ご覧になってわかるように、ガンを克服した内容ではありませんが、
ガン、それも末期ガンも含めた、ガンで苦しむ家族を応援する情報です。
日本全国ガン難民といわれる昨今ですが、
「家族がガンになる」という現実問題と真剣に向き合ってきたからこそ、
やっとのことで知りえた情報があるのです。
それにガンはあまりにもデリケートな問題であるため、
なかなか人様から話を聞く機会に恵まれないのも実情です。
よって私たち家族が体験してきたことが、
ひとりでも多くの家族に対して有益な情報提供になることを考えています。
ガンと闘っていくためには、少しでも心の痛みを癒しながら、
家族の愛情で支えあっていくことが必要になります。
「もしも、ある日、突然。家族がガンだと知らされたら、
どこから準備をはじめますか?」
この問いに対して、私たち家族は少なからずお答えできることがあります。
それは生前の母から託された願いでもあるからです。
「家族一丸となってガンと闘っていきたい」
「すこしでもリアルなガン情報を知っておきたい」
「もうこれ以上信頼できない情報に振り回されたくない」
「ガン難民になっている状態とサヨナラしたい」
「たとえ末期ガンであっても最後まで笑顔で過ごしていきたい」
「どうせ闘うなら家族の絆で乗り越えてみたい」
「悩みをわかちあえる同志の声が聞きたい」
このような思いにこたえるために、
私たちが知りえた情報を一般公開することに決めたのです。
「これ以上ガンで苦しむ状態を悪化させたくない」という固い意志を持っているならば、
少しでもガンと闘う勇気を得ることができると思います。
ただし、ここで1点だけ注意点を述べさせていただきます。
次のような方は、私がお話しする内容には向きません。
どれだけお話を告げても効果がありませんので前もってご了承ください。
このような人は私のガン情報にはむきません 家族愛をないがしろにする方
家族や家庭を大事にしたいと思えない方は 残念ながら、私の情報では対処できません。
私のガン情報は、家族に愛情を注ぐことをもっとも大切なこととしているからです。
他人事ではなく、愛情を態度や姿勢で示す情報をお教えしているからです。
だからこそ、心の深い部分で共感してもらってこそ、長期に渡るガンと闘う日々へ、
家族の意思で向かって歩んでいけるようになるのです。
なんでも知ってると思い込んでいる方
知っていることと経験してきた知識とは大きな違いがあるわけです。
学習で得た知識は運用されてこそ、そのときになって初めて、知識が理解へと促されていきます。
「そんなこと言われなくても知ってるよ」という口ぐせをお持ちなのでしたら、
いままでの考え方から抜け出す勇気を、ここでもってください。
ガンと闘うということは、なんでも知っていると思っていられるほど生ぬるいものではないのです。
お伝えする情報を最後まで読まない(見ない)で中途半端にする方
途中で読むのをやめて、なんとなくわかったフリをするのはやめてください。
中途半端に理解した状態でガン問題に取り組むと、最後までガンと闘えなくなってしまうからです。
愛する家族のために、できる限りの愛情を示す機会と出会えたことに今では深く感謝しています。
ガンと闘う勇気と決意をもって立ち向かう決意ができたら、家族一丸となって、
あなたの家族に起こっているガン問題にとりかかると約束してください。
上記に当てはまらないならば、 ぜひ私のガン情報をためしていただきたいと思います。
あなたが悩んでいる家族の問題、
それも、ガンという、深刻な問題を抱えているのだと察します。
私たち家族も、同じような経験をしてきたからよくわかります。
この問題から回復できるかどうかはガンの進行状態によって違いがありますが、
家族で支えあう中で、豊かな、癒し癒される生活を送ることは、誰にもできることだと考えています。
正しい準備を行えば、もう二度と、家族の心をガン難民にしなくてすみます。
「末期ガンだから」、「どこのホスピスも空いてない」などと、
あきらめてしまっていませんか?
私たち家族は、最後まであきらめずガンと闘い抜きました。
経験を通して学んだことから、誰だってガンと闘う勇気をもつことができます。
今回作成した電子書籍は、私たちが経験してきたことを、
一般の方にも有効利用してもらえるよう、わかりやすく説明しています。
ガンに対してネガティブ感情にならずにすむ「本当の知識」を吸収できますので、
家族と話し合いながら、今まで以上にガンと闘うことができるようになると思います。
その結果、家族の愛情という、心の癒しを取り戻すことができます。
ここで不躾かもしれませんがお金の話もしておきます。
ガンの治療は非常にお金がかかる上、
保険のきかない治療法の場合ですと上限なく請求がやってきます。
しかも失うものはお金だけではありません。
ガンの進行具合によっては、適切な医療施設を選択しなければ、
大切な家族を、もう二度と取り戻せなくなってしまうのです。
それだけガン問題は、現実的に、多くの葛藤する日々と闘い抜く必要性にかられるのです。
よって、できるかぎり多くの方に「ガンと闘う情報」に触れてもらいたいと思い、
作成した電子書籍の販売価格を考えました。
今回は、私のガン情報を、限定価格にて販売させていただきます。
あなた自身の家族のためにガンと闘う情報を身につけ、すこしでも元気な笑顔を取り戻し、
これからも豊かな生活を過ごしていってください。
家族がしっかり支えていかなければいけないということを、
今回、このマニュアルから学ばせていただきました。
源 様 初めまして。電子書籍を読ませていただきました。
文章で拝見するとサラリと読めますが、きっと大変なことが多かったんですね。
私の母も乳がんで、余命宣告されました。
家族もかなり動揺しているところです。
どうしたらいいのか、何をしてあげられるのか・・・
そんなとき神岡さんのマニュアルに出会いました。
たえと治ったとしても癌の再発に関する不安など、
これからずっと恐れて暮らしていかなければならず、心がいっぱいいっぱいでした。
何よりも本人が一番不安だということ。
家族がしっかり支えていかなければいけないということを、
今回、このマニュアルから学ばせていただきました。
もっともっと強くならないとダメですね。
家族がしっかりしなきゃいけないんですね。
我が家も、病院等への不満もありますが、
何よりも母に合う病院を見つけることが大事だと今回、改めて気づきました。
まずは身近な情報を集めてみます。
どうして母が?と、落ち込むばかりでしたが、
これからは、出来ることを見つけて行動していこうと思います。
神岡さんのお母様、幸せですね。
こんなにご家族に愛されて・・・
貴重な体験を話してくださり、ありがとうございました。
泣いてばかりいられないと覚悟が出来ました。
少しでも長く、母と一緒にいられるよう、
私達家族もガンに負けないよう一緒に闘っていこうと思います。
本当にありがとうございました。
『ガンと闘う家族のために』のお申込み方法は以下の通りです「ガンと闘う家族のために」 (PDF)
ある日、突然。家族が癌(がん)だと知らされたら
(全104ページ(本編PDF) / 特典の内容は下にあります)
<本編PDF+購入者限定プレゼント>
ご購入者だけにお届けするスペシャル特典をご用意します
銀行振り込み、郵便局振り込み、コンビニ支払い、BitCash、
クレジット決済(すべて前払い)で簡単に決済できます。
(クレジット決済以外の場合、振込・決済手数料はご負担ください)
¥9,800(税込・送料無料)
【 "正式価格"19,800円 → 30セット限定 9,800円(税込) 】
以下のボタンをクリックして申し込んでください。
↓↓↓↓↓↓
■本当のガンと闘う実情を知ってもらうために、インターネットでの販売を始めまます。
書店で販売する予定は今のところありません。
■真剣にガンと闘っているご家族の方に限って情報提供させていただきます。
■【販売記念価格として大特価】 先着30本に限り破格の 9,800円(税込) で提供致します。
■ 【購入者限定プレゼント特典】 2つのスペシャル音声特典 (MP3音声ファイル)を
ご購入者様に限りまして特別にプレゼントいたします。
■価格や特典は告知なしでの変更もありえますのであらかじめご了承ください。
【スペシャル特典 その1】
生前の母が本音で語った音声ファイル(MP3音声ファイル)
【対談形式の極秘音声ファイル 37分24秒】1回目の抗がん剤投与の後、一時帰宅した際に収録した音声ファイルとなります。
ガンの実情を赤裸々に語った MP3音声ファイル をお届けします。
人にはなかなか聞くことができない「ガンの現実」を聞くことができます。
※生前の母からの遺言にもとづいた特典としてご用意しました。 【スペシャル特典 その2】
山口純子氏が語る極秘音声セミナー(MP3音声ファイル)
【対談形式の極秘音声ファイル 47分11秒】日本メンタルヘルス協会外部講師であり、人気カイロプラクターの山口純子氏が語る、
「ガンという病気を引き起こす言葉」が理解できるスペシャル音声ファイルとなります。
「病気を呼ぶ言葉 病気を呼ばない言葉」について聞くことができます
メンタル面からガン問題と立ち向かう特典としてご用意しました。
※山口純子氏の著作物一覧  『黄色い人の、黄色いための、黄色い理由』
山口純子著 (ヒューマンブレイン・インコーポレイテッド) 定価1,100円(税別)
『ストレスで、あなたの骨がゆがんでいます!』
山口純子著 (ダイヤモンド社) 定価1,300円(税別)
PDF書類をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
左のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobeReaderをダウンロードしておいて下さい。
音声ファイルはMP3形式です。
※Windows Media Playerのインストールは こちらからお願いします。
※QuickTimeのダウンロードは こちらからお願いします。さて、ここまでくれば、いろいろなご質問があると思いますので、
よくある質問をまとめました。
Q:「すでに病院で癌治療を行っているのですが、実践可能でしょうか?」
A:はい、もちろんです。ガンと闘うために、最も必要なことは、ガンの状態にあった治療法を選択し、
ご本人も含めて、ガンと闘う勇気をもつことです。
家族で支えあうことがなによりも大切になってきますから、少しでも現実的な情報と出会ってみてください。
「医者の言うことは絶対聞くな!」と言っているわけではありませんので、
すでに病院で治療を行っている場合は、医師の情報と併せて活用してみてください。
ガンと闘うストレスを緩和しながら、家族の心を癒しあえる解決策をお話させていただきます。
Q:「すべての癌に効果がありますか?」
A:いいえ、ただし末期ガンと診察された際は有効な情報になるかと思います。
ガンの発生プロセスはすべて同じであっても、その時の進行具合や体調によっては、
医師の治療法が変わってくるのは当然なことです。
ガンの治療法も千差万別ですし、どれが正解というのは導きづらいものではないでしょうか?
そのためにも家族としてガンと闘う心の準備も含めて、現実的な側面へのアプローチ方法について、
情報提供させていただきます。
Q:「ちなみに年齢制限はありますか?」
A:いいえ、ありません。母と一緒に入院していた患者さんの中には、
大学生くらいのお子さんもいましたので、情報ネットワークという点では変わりがありません。
しかし母くらい高齢者の場合はガンの進行が遅いのですが、
若くしてガンになった場合は、高齢者と比べるとガンの進行がかなり早いことを見てきました。
このような意味で、家族で支えあうという観点からお力になれる情報だと思っています。
Q:「末期ガンと宣告されたのですが、この情報は役に立ちますか?」
A:状況にあわせて役に立つ部分をいくつも見つけていただけると思います。
闘病生活の中ではできることが山ほどあり、反対にやらざるをえないことも山ほどでてきます。
末期ガンだからといってあきらめるのではなく、現在の医療体制では、緩和ケアやターミナルケアなど、
身体の痛みを和らげる方法がいくつもあることを、実際に目にしてきました。
このようなガンの進行状態によって対策できる方法も、この情報の中でお話しています。
Q:「他にもいろんなガンに関する教材がありますが、この情報は大丈夫ですか?」
A:他のガン教材に関してはわかりませんが、今回あなたにお届けする情報は、
私の母の意志による、家族が体験した、実体験にもとづいた内容です。
このサイトに書いてあることは、すべてリアルな情報になっておりますので、
先ほど出てきました「ガンで苦しむ家族を応援する情報の中身」をご覧のうえ判断してみてください。
Q:「医師が教えてくれないようなことを、本当に教えてくれますか?」
A:私は医者ではありませんので、それは無理ですが、ガンと闘うための、それも家族で闘うための、
体験談をふまえたリアルな情報でしたら、いくらでもお話しすることができます。
なぜなら私たち家族がガンと闘ったのは、紛れもない事実だからです。
Q:「インターネットでしか手に入らない情報なのですか?」
A:はい。インターネットでしかこのノウハウを手に入れることはできません。
商品のお受け取りはダウンロード販売のみとなります。
Q:「商品はどれくらいで届きますか?」
A:ダウンロード版のみの販売となりますので、
ご入金確認後すぐに内容をご覧になっていただけます。
Q:「申込んだ支払い方法を変更したいのですが?」(例:銀行振込→コンビニ決済)
A:決済はINFOTOPという決済会社に委託しておりますので、お手数ですが
決済に関する変更やお問い合わせはINFOTOPへお問い合わせください。
【INFOTOPお問い合わせ】 ⇒ http://contact.infotop.jp/form.php
「ガンと闘う家族のために」を今すぐ申込む「家族がガンだと知らされたらどこから準備しますか?」
ガンと闘う家族の秘訣メール講座(全12回) 大切な家族が、ある日、突然。ガンだと宣告されたのでしたら・・・
毎日無料で1通ずつお届けいたしますので、この無料講座にお申し込みください。
【※メール講座に関するお知らせ※】
ご希望の方は下記より今すぐご登録いただけます。必須項目をご入力の上お申し込みください。
登録後、すぐに返信メールが届きますので、詳細はそちらをご覧ください。無料メール講座のご登録お名前*
メールアドレス*
(example@abc.ne.jp)
「ガンと闘う家族のために」を、
お友だちに教えるにはここをクリック!追伸
本音を申し上げると、この情報を執筆するにあたり、迷いがなかったといったらウソになります。
それでも覚悟をもって執筆したのには大きな理由があります。
それは、ガンで苦しんでいらっしゃるご本人やご家族の皆さんのつらさや苦しみを、
痛いほど理解できるからです。
ガンと宣告された瞬間は誰もが困惑し、深い悲しみに包まれますが、
あの瞬間に起こった衝撃の大きさは、私の母も、
そして家族の誰もが同じように切望していたことでした。
「もっと長く、元気に、笑顔で生きていてもらいたい」という、願いです。
ガンを早期発見できればいいのですが、必ずしも早く見つかるとは限らないことを学びました。
現状において様々な癌療法があるようですが、そのどれもが必ずしも正解だとは限りません。
なぜならガンの進行状態や、その時の体調によっては、
癌をやっつける治療法(たとえば抗がん剤治療や放射線治療など)を行えない場合もあることを、
私たちはこの目で見てきたからです。
母は抗がん剤治療を選択したわけですが、「毒を制するには毒を以て制する」の諺どおり、
抗がん剤の、現実的な副作用は、非常に厳しい現実を目にすることになりました。
それでもガンの犠牲になったと思えないのは、最後に息をひきとった病院のことが挙げられます。
医師や看護師さん達の献身的な努力と心からの親切や配慮を、今でもこの胸に覚えているからです。
もちろん最終的に亡くなってしまったことは大変残念なことですが、
それでもガンと闘う日々を通して、家族の絆に触れられたのはよき思い出となりました。
あの時、ガンで苦しむ家族の様々な姿を、母が入院している病院で見てきました。
私たちと同じように、家族で支えあいながら、ガンと闘っている人達とたくさん出会ってきました。
だからこそ、母は生前に、私たちの貴重な体験が、
いつか誰かの役に立つことを望んでいたんだと思います。
そうして母の意志を、いま、この瞬間、あなたにお届けしているのです。
今回は母の意向によって「情報」をPDF文章と音声ファイルにまとめているのですが、
いつまで公開し続けるかは、正直なところお約束できません。
なぜなら母との約束を果たしたわけですが、残された家族の意向もあって然るべきだからです。
このサイトと出会い、最後まで読んでいただけたのは、決して偶然ではないと思います。
私たち家族が、最後に親切な病院と出会うことができたのも偶然ではありませんでした。
不思議な偶然が重なり合ったからこそ、まるで運命に運ばれてきたようにたどり着いた場所だったからです。
私が一番願っていることは、たとえ何が起こったとしても、家族の絆を忘れないでもらいたいことです。
できればいつまでも心と身体の健康を維持して、楽しく過ごしてもらいたいと思っております。
この情報と出会うことで、ガンで苦しんでいる状態から救われ、
少しでも家族の心の癒しになれたのでしたら幸いです。
【ご安心ください】
最後にご注意点をお伝えさせていただきます。
■この教材は医師の承諾なしにガン治療を補助するものではありません。
あくまでガンと闘う家族を応援することを目的とした情報ノウハウです。
■なお収益金の一部は日本のガン団体へ寄付させていただきます。
あらかじめご了承の上お申し込みください。

[特定商取引法に基づく表示]
Copyright cガンと闘う家族のために - ある日、突然。家族が癌(がん)だと知らされたら. All rights reserved.

>> 続きはこちら






ガンに効果的な食事法マニュアル

癌|抗がん剤|手術|肺がん|胃ガン|乳ガン|子宮ガン|その他のガンにも   ■ガンに効果的な食事法マニュアル■

--2008年2月1日(日)情報更新まずは、はやる気持ちをおさえて、この方法を試された方の声をお聞きください。末期ガンと宣告された方や、再発に悩まされていた合計70名のガン患者の方が、この方法でガン腫瘍がほとんど無くなり、現在は健康に過ごしています。
そのガンに効果のある食事法を詳しくお教えいたします。
はじめまして。藤城博と申します。私は千葉県で「都賀治療院」の代表をしております。
私は、20年以上、治療家としてガン治療の研究をしてきました。その研究の中で特にガンに効果的でこれまでに70名以上のガン患者を救ってきた方法があります。それがガンに効果的な食事法です。自分自身その食事法を日々実践しておりこの20数年間歯医者以外の医者にはほとんど行った事がない程の健康体です。活動の中でマスコミに取り上げられたり、本の出版もしております。■著書の紹介■
あなたは今「食事だけでガン細胞が腫瘍が小さくなるなんて嘘だろ?」と、思っているはずです。確かにそのお気持ちはよくわかります。病院に行って放射線治療や抗がん剤治療をする事が一般的なガン治療だからです。 ではここで、今のあなたと同じように半信半疑の状態の中末期ガンで絶望的だった患者Aさん(47歳・男性)に私が教える食事法を実践してもらった前例を紹介します。下記は私とAさんのやりとりの一部ですのでご覧下さい。Aさん「これまでに病院で抗がん剤治療や放射線治療をやってきましたが    あまり経過が良くないみたいなんです・・・」  私 「そういう患者さんはたくさんおられますよ。    病院での化学療法だけがガン治療の全てではないんです。」 Aさん「私みたいな末期ガンの患者でも何か助かる方法はありませんか?」  私 「それでは毎日の食事を私が言う通りに食べるようにして下さい。」 Aさん「そんな簡単な事だけでいいんですか?」  私 「はい。これなら毎日取り組めるでしょ?    騙されたと思って今日から実践してみて下さい。」それから数ヶ月後・・・余命わずかと病院から言われていたAさんの体からはガン細胞が消えAさんはガンを克服する事ができました。もちろん、副作用はありませんし、お金もかかっていません。日々の食生活を私の指導通りにした事で、自らの力によって健康な体になったのです。 また、ガンは遺伝という説も根強いですが、これについては、私は否定派です。全く関係ないとは言いませんが、あくまで微量なことだと思っています。しいていえば、生活習慣の遺伝、つまり食伝のほうが多くを占めるのではないかということです。つまり、親がお菓子をバリバリ食べる、肥満になりやすい習慣を持っていれば子供もお菓子をバリバリ食べて肥満になる確率が高いということ。DNAのことをいっても、あなたにはどうすることもできません。そんな微量なことに悩むより生まれてからの食生活・生活習慣を見直す事が重要ではないでしょうか?全てはあなたにコントロールできることだと、知っていただきたいのです。※上記の割合はもちろん人によって違います。場合によっては、精神的なものや、ストレスが原因の一番に来たりということもあります。あくまで、一般的な統計であるということをご理解ください。 結論から言います。我々人間の身体には元々抗がん剤や放射線などとは比較にならない程強力なガン細胞を破壊する力が備わっています。これを免疫力といいます。免疫力を高めてやれば、ガン細胞は破壊されあなたの体はどんどん健康になっていくのです。免疫力を高めるために何をすればいいのか?それは、人間が生きていく上で欠かせない食事を見直せば免疫力は高まりガン細胞は減っていきます。あなたを含め現代人は非常にアンバランスな食生活をしています。それらをガンに効果がある食事内容に改善してやればいいだけの事なのです。ところが、医者はもちろんのこと、ほとんどの人間はこの免疫力を高める条件の事を知りません。それはそうです。医大とは化学療法を学ぶ場なのです。ですが、医大では栄養学や免疫力を高める方法など学びません。となれば、医者も知らない事を一般の人が知っているはずもないのです。しかし、私は20年以上に渡りガン治療を研究し、ガンに効果的な食事や免疫力を高める方法を研究してきました。そして、私が研究してきた食事法で病院からも見離されたガン患者を回復させてきたのです。 病院でのガン治療は下記のような流れで進んでいきます。副作用で苦しむだけ苦しんだあげく再発するなんてきつ過ぎではありませんか?確かに、抗がん剤治療や放射線治療は病院で受ける化学療法としては間違ってはいません。抗がん剤も放射線もガン細胞を減滅させる効果はあります。しかし、その一方で正常な細胞までを壊滅させてしまうのは言うまでもありません。正常な細胞までを破壊されるので、それが原因で治療の過程の中で亡くなっていく人もいます。これらの治療法は体への負担が大きく、副作用が強い場合もあり患者さんにとってつらい治療法となっています。特に進行ガンや末期ガンについては、抗ガン剤の大量投与や放射線の大量照射による副作用も伴い、逆に寿命を縮める場合もあります。抗がん剤の副作用の一覧です。この表を見ただけでも、抗がん剤の恐ろしさがわかるかと思います。また、放射線治療も同様に急激な白血球の低下や強度の粘膜炎などが起こり高熱を出したり、食事が摂取できなくなったりして治療が継続できなくなることもありえます。これ程までに恐ろしい三大療法を受けても完全に治らないのであれば苦しい三大療法は断るのが普通だと思いませんか?ただ、多くの人はガンに対しての知識がない為に医者から言われるがままに化学療法に足を踏み入れていくのが今の現状なのです。 病院に行って化学療法を行っても経過が良くない。強い副作用に苦しむのはもう嫌だ。そのような人達のために私がこれまで20年以上の歳月をかけ研究をしてきたガンに効果的なを食事法やガンに効果的なノウハウを一冊のマニュアル本にまとめました。千葉にある治療院に来たくても来れない方や、化学療法の副作用に苦しんでいる方ご家族がガンを宣告され、どうしても元気になって欲しいと願う方を一人でも多く救いたいと強く思ってマニュアルを執筆いたしました。このマニュアルを見て実践する事で、当治療院がガン患者さんに行っている方法がご自宅で可能となります。マニュアルに書かれている内容は下記の通りです。以上のような内容となっています。このマニュアルがあれば、治療院に来なくともあなた自身がガン治療に取り組むことができます。 さて、私が20年以上の年月を掛けガンの克服法について研究し病院からも見離された患者さんのガンを救ってきた内容が記載されている当マニュアルの気になる価格ですが定価¥39,800(税込)で販売をしようと考えていましたがお一人でも多くの方をこのマニュアルで救いたいと思い先着100名様に限り12,800円(税込・送料別途)という特別価格を設けました。 この価格は決して割高ではないという事をご理解いただければと思います。病院での抗がん剤治療や放射線治療、手術、入院などは数百万円の費用が掛かります。しかし、高額な治療費とは裏腹に強い副作用に苦しんだり治療の甲斐なくガンが治らないといった人が大勢おられます。そんな大金を病院に使う位なら、人間にもともと備わっているガンを撲滅する力をマニュアルをもとにいかんなく発揮し、副作用もなくガン細胞を減らしていって欲しいのです。一刻も早くこのマニュアルでガンへの取り組みを始めてください。 ガンに効果的な食事法マニュアルは100部限定販売です本日限りで限定数に達する恐れがあります。お電話・FAXでのお申し込みはこちら --安心の代金引き換え発送も承ります! --配送版は下記の写真のように配送いたします。(冊子配送版は通常ご注文から3日以内に発送いたします。)配送版の商品名は「冊子」となっております さらに、特典として下記の5つのマニュアルを無料でプレゼントいたします。 A.Aさん 男性 47歳 埼玉県R.Sさん 女性 K.Hさん 男性 47歳 千葉県 最後に私からあなたへ一言ございます。日本でガン患者の数は年々増加しています。これは偏った食生活や日々の生活が明らかに影響しています。先程もお話したように日々の食事を正しい方法に改善すればガンになる可能性は低いですしガンになった場合でも免疫力を高め体外にガンを排出できます。私はあなたにガンを乗り越える為の正しい食生活や日々の生活の中でできる免疫力を高める方法を教える事ができます。今までにも病院から見離された患者を70名以上救ってきました。あなたがガンを克服したい、もしくはご家族の方にガンの方がおられて大事な人をガンから救ってあげたいという方は手遅れになる前にこのマニュアルを読み実践して下さい。ガンは時間との闘いです。あなたがこのマニュアルを購入するかどうか悩んでいる間にも体を蝕んでいきます。悩む時間はガン患者にとっては命取りとなります。私を信じて来られた方は喜びの手紙にもありましたように克服しています。あなたも私を信じガンを自宅で無理なく経済的に自然治癒していきましょう。 私に言わせればあなたのガン細胞は非常に弱い、イクラのようなものです。非常にか弱い、ちょっと傷つくとプシューと壊れてしまいます。それに対して、あなたの白血球はとても強いピラニアです。どう猛なピラニアが大軍をなしています。白血球(ピラニア)の大軍が、ガン細胞(イクラ)をバリバリ食べている。そして、その先にはもう一度健康だった頃の楽しい生活が待っています。ここまで長文をお読みいただきありがとうございました。お電話・FAXでのお申し込みはこちら癌|抗がん剤|手術|肺がん|胃ガン|乳ガン|子宮ガン|その他のガンにも■ガンに効果的な食事マニュアル■特定商取引法に基づく表記
Copyright (C) 2008, p-ht,藤城式ガン食事法 ,Inc. All Rights Reserved

>> 続きはこちら






難病克服の鍵は、「腸管免疫」

難病克服の鍵は、「腸管免疫」にあった!【1週間集中アップ免疫セットG】は、現代の食生活からでは摂取しにくい栄養素を補給できるので、『腸管免疫』の活性化を大きくサポートし「癌」からの生還を目指します!

NK細胞は、癌を攻撃します。
| アトピー用 免疫セット | がん用 免疫セット | 糖尿病用 免疫セット | 【ご購入前 特典】 ●各セット商品に関連した 「健康読本」 を無料でダウンロードしていただけます。
●メールによる「健康無料相談」※詳しくは、各セット商品の詳細説明ページをご覧ください。 【ご購入後 特典】 ※詳しくは、各セット商品の詳細説明ページをご覧ください。
返品について
商品がお手元に届きましたら、ご注文と同じ商品であるかご確認下さい。
破損や注文したものと違うものが届いた場合には御連絡下さい。
代替の商品(同一の商品)をただちに配送いたします。
破損品は着払いにて弊社までご返送ください。
お客様の都合による返品・交換につきましては、お受けいたしかねます。
※商品到着から7日以内にご連絡ください。
連絡メールアドレス
返品送料
当店負担(商品に破損など不良品であった場合)
返品について
商品がお手元に届きましたら、ご注文と同じ商品であるかご確認下さい。
破損や注文したものと違うものが届いた場合には御連絡下さい。
代替の商品(同一の商品)をただちに配送いたします。
破損品は着払いにて弊社までご返送ください。
お客様の都合による返品・交換につきましては、お受けいたしかねます。
※商品到着から7日以内にご連絡ください。
連絡メールアドレス
返品送料
当店負担(商品に破損など不良品であった場合)
返品について
商品がお手元に届きましたら、ご注文と同じ商品であるかご確認下さい。
破損や注文したものと違うものが届いた場合には御連絡下さい。
代替の商品(同一の商品)をただちに配送いたします。
破損品は着払いにて弊社までご返送ください。
お客様の都合による返品・交換につきましては、お受けいたしかねます。
※荷は、通常配送とクール便配送の2つで届きますが、2つの荷の到着が
前後することをご承知おきください。
※商品到着から7日以内にご連絡ください。
連絡メールアドレス
返品送料
当店負担(商品に破損など不良品であった場合)   症状別 読本名 アトピー用 「健康読本」  経皮毒シャットアウト(商品詳細の下方からDL) がん用 「健康読本」  免疫読本(商品詳細の下方からDL) 糖尿病用 「健康読本」  「健康」お持ち帰り講習会のしおり(商品詳細の下方からDL) | 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー |

>> 続きはこちら






ガン患者が語るガン癌治療のこころがけ

■有力者ご推薦多数【改訂版】元リストラ、ガン患者が語るガン癌治療のこころがけ~心の負担を軽くする突破口~意志が弱くても面倒くさがり屋でもできるように体系化いたしました

このページを【お気に入り】に追加しておくことをお勧めします。
Heartstrings(ハートストリングス)
生活心理研究&アドバイザー
田中孝憲
愛知県名古屋市
現在ガンになるとまず手術、放射線、抗ガン剤を治療として考えます。
その次に免疫療法が有力になっています。
いずれもガン細胞そのものをやっつける治療です。将来もっと効果的な治療法とシステムが開発されるでしょう。しかしそれだけでいいのでしょうか?痛いのは体だけではありません。
体の痛み同様に心の痛みも解決する必要があります。はじめまして。ハートストリングスの田中と申します。
身近な生活心理に関して研究、調査、情報提供をしております。私は32歳のとき精巣ガン(精巣腫瘍)で手術し、
その後しばらくして腹部のリンパ節に転移して
抗ガン剤で治しました。ちなみに
私の使用した抗ガン剤は
ブレオマイシン(商品名:ブレオ注)
エトポシド(商品名:ラステッド注)
シスプラチン(商品名:ランダ注またはブリプラチン注)
というもので
この3つでBEP療法といい、セットになっています。転移が分かったときは、相当なショックとパニックでした。
恐怖、不安、心配で仕事もままなりませんでした。
またそれ以前に鬱や人間不信で苦しんだこともありました。網膜はく離、2度の肺炎(マイコプラズマ)、
交通事故での肝臓損傷、年収190万サラリーマン。。。
風邪をひいても貧乏で病院に行けない時もありました。
オレンジジュースを薄めて飲んでいたこともありました。ガンを治療した直後リストラされました。すべて証拠はありますがお見せするような野暮なことはしません。
ここではお話できないようなことも克服いたしました。
私の闘病記とリストラ(手続き的に正確に申しますと入院中です)の
いきさつはとても複雑な話になるので
無料メール講座(このページ中ほど)を申し込んでいただいた方にお話しています。
何度もヘコタレそうになりました。しかし、数々のトラブルを克服。今幸せに暮らしています。
その秘訣をお話します。
少しずつ進めば知る勇気と知りたい欲求が出てきます。
不安や恐怖をさりげなくコントロールしていく感覚を体験してみてください。どこに痛みを感じるか?
■体が痛い・・・・・抗ガン剤の副作用:イライラ、倦怠感、発熱、
白血球低下、吐き気、脱毛など
患部が痛い
■金銭的に痛い・・・治療費の安売りセールはしていません。
命が助かってもその後の生活が苦しいなら意味がありません。
それぐらいお金も大事です。お金なくても苦し過ぎます。
相談する人を間違えたら
コツコツ働けと言われるだけです。
もっと多くの選択肢があるはずです。
ほか、新たに生命保険に入れないなど。
病気で冷静に物事を考えることができないと効くかどうかも分からない
健康食品やサプリメントに何十万円も支払うことになります。
そしてすぐ不安になりその場しのぎの行動に出てしまいます。
■心が痛い・・・・・一番後回しにされるであろうし、
気づきにくいことです。
闘病中のストレス。
死の恐怖。
治療は落ち着いたが不安だ。
手術の跡が醜い。
以前のような生活はできないのか?
女性の場合、髪の毛が抜けるのは男が考える以上に
相当ショックだと思います。
いくら優秀な治療を受けても
心理的に苦しいなら意味がありません。
・・・もし解決できるような本があるならあなたに紹介するだけで済みます。良くなるためには努力が必要です。
しかし疲れ果ててしまうようながむしゃらな努力ではツライですよね。
しかも効率が悪いです。
医者や病院にまかせきりにするのでなく患者、ご家族みずから率先して
病気、ガンに立ち向かってこそ良くなります。
その気持ちでのお手伝いをしようと思います。
気分が良くなるにもコツがあるのです。各方面でご活躍中の方々からコメントをいただきましたのでご紹介いたします。
高橋三恵子様
寄りそいカウンセリングサービス主宰
心理カウンセラー 家族相談士
JUST電話相談員 認知症予防指導士
日本カウンセリング学会正会員
日本家族カウンセリング協会会員
著書「認知症予防指導テキスト」「ホームヘルパー最新事情」ほか多数 本書はありきたりのガンの克服記ではありません。告知のときから闘病の間中続くであろうすさまじいストレスへの実践的な対処法です。たしかに考えてみたら、病気の要因のひとつにストレスは当然あるので、自然治癒力や免疫力を高めるためにこうした視点から書かれた本は必要だったはず。しかし、これまであまりありませんでした。
文章はさらりとした語り口調で書かれ、読むだけで癒やしにつながりそうです。何度もくり返して読むと著者の提案が自然に身についていくでしょう。本書を読むのにふさわしい時期は、病名を告げられた直後から始まる嵐のようなストレスの急襲が去って一段落した時期でもよいし、現在はガンと関係なく暮らしている人にもおすすめです。ガンになることは、はなはだしい苦痛と知ったうえでもなんだか全身のコリがとれていくような読後感です。
一種のハウツー本なのですが、同時に人間の書であり、人生の書です。
松尾亜矢子様
世界貿易センター第一勧業銀行ニューヨーク支店勤務後
フリーランスで翻訳業ののちに、
平成15年4月~12月まで週一回、産経新聞で多発性硬化症に関し、
米ドクターとのメール交換の記事が連載される。
平成17年 子宮頸ガンになり、子宮全摘手術を受ける。
平成18年から毎年10月に「サイクルタウン香川 自転車ワールドフェスタ」にて、
歩道の安全性を訴えるために講演をしている。
(「歩道の会」代表 http://hodou.net/)
現在、多発性硬化症にて自己注射ベタフェロンを打ちながら病気療養中(今年8年目) 誰にでも右往左往してしまうことが、人生必ずあります。それが近親者の病気、そして死が一番残酷であり、心の負担となるのではないでしょうか。ガンが転移した時の田中氏のショックは想像することができません。今や老若男女問わず、二人に一人がガンになる時代です。
しかし本書のどの箇所を読んでも、田中氏の前向きな生き方が窺え、まるでマジシャンのように元気になれるのです。それが本書の目的であるとしても、次作が楽しみになるのは、氏の筆力からでしょう。
私自身ガン経験者ですが、今でも笑顔を見せられるのは、あっけらかんとした主治医の態度、手術後の徹底した痛み除去など、周りの誰もがのほほんとしていたからのように思います。そうなのです。田中氏の言うとおり、ガンなんか怖くありません。自分に限らず身近な人がガンを宣告されたときの対処法がわからないだけです。そういうふうに思わせてくれる本書は誰ものバイブルになるに違いありません。
菊池京子様
医療ジャーナリスト、医療ライター
筑波大学卒業。同大学院中退。
大学院時代、ダウン症児の睡眠脳波をボストン国際睡眠学会で発表。
1991年渡米 ユング心理学を勉強し、修士号を取得。
現在カリフォルニア州に在住。現地で執筆、講演活動をしている。 田中孝憲氏のかかれた『ガン治療のこころがけー心の負担を軽くする突破口』を読んでいると、「知った者は他の者に伝える義務がある」というアメリカインディアンのことばが思い出される。
ガン手術、転移と自らのいばらの道からこの本はうまれた。しかし、決して自分を全面に出した本ではない。ガンを通して発見した、みなに通ずる普遍的な解決法がわかりやすいことばで書かれている。
巷にはガンに関する情報があふれている。専門用語にまみれ、それがいっそうガンへの恐怖をあおる。ガンは恐ろしいものではない。どうやってガンに向き合っていけばよいかがわからないからガンは恐いものになったという。
潜在意識を変えていく。肯定的なコトバや感情が潜在意識を占めれば、ポジティブな行動を招き、それがさらなる幸せを創出し、他をも幸せにすると田中氏は述べる。
がん克服のための応援サイト様「ガン治療のこころがけ」の著者田中孝憲さんは、
自らの体験から導き出した答えを惜しげもなく本書に書かれています。
ここには、最新のがん治療法や、名医の紹介などは一切ありません。
本書の副題通り、心の負担を軽くする突破口となるべく、
自分自身でがんと向き合う為の方法が綴られています。
本書は、解り易さと読み易さに考慮し、難解な解説や用語は極力使われておりません。
それでいて、要点をきっちり押さえてあるので、知りたいことはすぐに解るような内容に仕上げられています。
中には、「具体的に何をしていくのか」の解説も載っています。
これを繰り返し読み、繰り返しトレーニングしていけば、必ずや心の負担が軽くなってきていることを実感できます。
もし、本書内で疑問点などあれば、メールでお尋ね下さればフォローをしていただけます。「心の負担を軽くすることが、なぜがんの克服に役に立つのか?」
「気持ちの持ち方や、心の不安なんて関係ない」
「確信は持てないけれど、やはりそれらが重要なのではないか?」
人それぞれにさまざまな考えをお持ちだと思います。
しかし、一つの可能性として、本書を参考にされてみるのはいかがでしょうか。 ガン治療のこころがけができるよう、
また、心の負担を軽くするための突破口になるよう願っております。
闘病する充実感
ガン、大病を患うと多くの人が今までの人生でかつてないほどの困難を感じるでしょう。逆に言うと困難を感じていることが
人生の充実感に向けて進んでいるという証拠です。
だから人は”悩む”のです。「充実する」ということはその人が自分らしく自分の存在を表現するとき
充実感を感じるのです。その時、生きる情熱も発生し病気治癒にも貢献します。しかし治療に集中すべき病院をたらい回しにされ、
どうにもできないガン難民、医療難民が多いのが現状です。
ヘタな自己啓発書のように「人生1度きりだから」とは言いません。
みんなそのことは分かっているのです。ガンから助かっても生きていれば必ず「欲求不満」という感情は出てきます。
私だってすべてに感謝できるほど満足しているわけではありませんし
それが自然で人間的ともいえます。本編「ガン治療のこころがけ~心の負担を軽くする突破口~」より抜粋人はどんなに辛い状況でもそれに慣れてしまうと、たとえ良くなるための行動だとわかっていてもなかなか動こうとしません。劇作家バーナード・ショーの言葉にこういうものがあります。
Custom will reconcile people to any atrocity.
「習慣になってしまえば、人間はどんな残酷なことでもできるものである」
加害者のことを言っているようにみえますが、習慣になると自分に対しても残酷になれるのです。まず「ガン=死」ではないということを分かっていただき
心から変えていきましょう。私は別の目的のためたくさんの時間とお金を使って
心理学、脳科学、自己啓発について勉強していました。
たまたまそれが自分のガンで役に立つとは思ってもいませんでした。
(たまたまだから精巣癌なんです。。。)
たぶん私のメールマガジンを読んでくださっている方々は分かると思いますが、
難しい専門用語はほとんど出てきません。
専門用語は私の中に留めておきます。それを日常では何が必要か深く掘り下げて、分かりやすく
皆様にお伝えするのが私の仕事のひとつです。
しかしあなたが今からむやみやたらに勉強して知識を吸収しても
時間がかかり、しかも混乱してしまいます。
一刻も早くみなさまに無駄なく心理的に楽になってもらうために
電子教材としてまとめました。
これでしたら全国の方にお伝えできます。今や2人に1人がガンになり、
3人に1人ガンが原因で亡くなっています。
老若男女問わず、誰でもなる病気です。適切な予防、早期発見、早期治療、心のケアを知る必要があります。
今後お金のこと同様、生きていくうえで大切なことなのに
学校では教えてくれない内容になるかもしれません。この電子教材は
心理学、脳科学、最新治療を参考に
私のガン治療の経験から得たことをまとめました。
今までにないガンの心理的緩和法になっております。スピリチュアルな内容ではありません。
ましてや気休めなどは書いていません。
このページを読んでいただければわかりますが教材の文章も
変に明るい口調やテンションでは書いていないのでご安心ください。ネットを見るだけでも多くの情報があふれています。
そして無意識のうちに余計な心配をしてしまいます。結局何をすればいいか分からない、何も進まないのです。ガンは難病、奇病ではありません。ガンが怖いのでなく、ガンと分かったときの
自分の中での処理の仕方がわからないだけです。適切に悩めば自分の中のなんだか分からない
モヤモヤした嫌な感情、恐怖はおさまります。逃げるのも1つの懸命な手段です。
決してカッコ悪いことではありません。
何もせずぼんやり放っておくことが
何も進まず辛いのです。感傷に浸っている暇はありません。
治療メニューはだいたい決まってきます。
治りが悪いからといってもほかに試す価値のある治療法はたくさんあります。あとは患者の気持ち次第です。
その気持ちの面でお役に立てればとても嬉しいです。私自身患者だったので患者目線で書いています。
医師でないから言えることがあります。
この本の概要を少しだけご紹介しましょう。※おかげ様で改訂版を発売することができました。
執筆、発売にあたってご協力していただいた多数の方には大変感謝し
この場をお借りしてお礼を申し上げます。「ガン治療のこころがけ~心の負担を軽くする突破口~」今のあなたと家族の生活状況を無視して襲いかかるガンはどういう病気か?
治すイメージをつかみやすくするためどういう病気かをわかりやすくお話します。ガンが怖い理由、風邪が怖くない理由
病気の種類により恐怖の度合いが違います。なぜかガンは怖いです。
人間の思考、深層心理、本能に基づいて解説しその恐怖の理由をお話します。世に出回っている苦しすぎる”はかなく美しい話”はなぜ心に残るか?
自ら苦しむ必要はありません。 決して美しい話を否定しませんし、命の尊さを伝える大切な話です。 ですがあまりにそういう感動話だけしかなく、変に美化されてそれだけで済まされてしまいそれ以上先に進みません。
(難病、奇病、戦争、事件、飢餓などの話のことではないです。)なぜガンを治したいか?なぜ即ガンを治したいと考えるのでしょうか?
こんな質問はおかしいですが再確認しましょう。
ガン⇒治療と決める思考の過程を分析し闘病意識を強化します。もし違う病気だったら・・・
怖い病気は他にもたくさんあります。ガンと告知されガンにフォーカスしてしまっている意識をいったん引き、多くの病気の状況にある人がいる事を理解しましょう。間違った知識
世の中は間違った知識だらけです。そして間違った知識によって余計恐怖を感じます。あなたに身に着いてしまった間違った知識を消していきます。ガン家系といわれる謎
私の母方がガン家系です。私の母も若くして亡くなっております。その謎をご説明します。短絡的に家系だから遺伝だからとあきらめないでください。自分の現状を知る
自分の現状、現在地を知らなければどの方向に向かうべきか、どう対処したらよいか分かりません。正しく自分を知りどうすべきかをお話します。「病は気から」は本当か?
迷信、言い伝え、風習、習慣・・・たくさん昔から言われていることがありますが、本当でしょうか?「病は気から」はどういうことなのかを説明いたします。自分の未来を決める環境
自分がこの先どうなるかは周囲の環境により180度違ってきます。
環境の変え方をお話します。マインドセット
いくら優秀な治療、技術を使っても治りは悪いです。非効率です。
たとえ治ったとしてもすぐ不安になり間違った行動にでてしまいます。
心の準備ができてこそ治りが良くなり、心の平安を維持することができます。
その心の準備であるマインドセットの作り方を説明します。心を変える5つのポイントとは?
本書の最重要項目です。分かりやすくシンプルに段階を追ってまとめました。
どんなに辛いときでもこれだけは思い出してください。笑顔の筋肉
気分が優れない病気療養中でも笑顔の筋肉をつける理由とは?
今度あなたの100万ドルの笑顔を見せてください。(^_^)強力な意志は必要か?
意志だけでは疲れますね。意志以外にも必要なことがあります。
意志が弱くても実行できるよう体系化いたしました。それが5つのポイントです。患者心理と周囲の心理
劣等感、無価値感、被害者意識、罪悪感など多数ご説明。
ご自身に当てはまることはないか確認しましょう。
私もこれらの感情を抱くことがありますがすぐそれに気づき即片隅に追いやっています。やる気が出ないときのやる気の出し方
ずっと病室にいればやる気がなくなってくるのは当たり前です。ましてや抗ガン剤を使っていればなおさらです。私が実際抗ガン剤を体験した上でのやる気の出し方を伝授します。ヘレン・ケラー
視力、聴力、話力もないヘレン・ケラーはどう情報を獲得し意識に落とし込み自分の物にしたのでしょうか?そのヘレン・ケラーの外界の見方を病気の痛みの捉え方と照らし合わせてお話します。当てにならない余命宣告
余命なんか単なる統計です。
何と言われようがあなたの未来はあなたが決めます。自分で自分の人生をコントロールしてください。逆に言うと他人はあなたをコントロールできないのです。コラム「気分転換」「パラダイムシフト」
「(アインシュタインの相対性理論からみた)137億年生きた気分」など・・・
すべてはここに書ききれません…。
さらに、
内容をしっかり身に付けていただくため
要点の復習、流れを損ねてしまうため本編に書ききれなかったこと、追加情報を
フォローメールとしてプレゼントいたします。また今だけの特典として「明快 ストレスと病気の関係と対処法」(A4、PDF)をプレゼントしています。
精神面で病気のストレスに抵抗力をつけなければいけない理由がわかります。
子供の入試の失敗の時とガン宣告された時はストレスとしての体の反応は同じです。さらに弊社別会員様向けにお配りしていた「老化について」(A4、PDF)の内容を加筆しプレゼントいたします。誰もが避けられない老化について考えるきっかけになれば幸いです。A4 144ページ(特典含) 本編中身の一部です。カラー、図、イラスト入り
ただいま
小冊子「ちょっとだけ心が軽くなるコツ」(PDFファイル)+メール講座を
無料でプレゼントしています。
ご記入くださったメールアドレス宛にご案内が届きます。
たくさんの人に見ていただいております。
みなさまのご意見をフィードバックし、またいろんなお話をしていく予定です。
【ちょっとだけ心が軽くなる小冊子+メール講座】
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
独自配信のシステムを利用していますので余計なメールは届きません。
メールが迷惑フォルダに入っている場合がございますのでよくご確認ください。
あなたにとって大切なことですのでプライバシーは完全に保護されます。
みなさんは無料で手に入れたものをあまり大切にしなかったという経験はありませんか?
無料であると邪気に扱ってしまいます。お金を払って何かを手に入れる理由の1つに「覚悟する」ということがあります。
世の中には無料で手に入る情報がたくさんあります。もしこの教材を無料で公開して適当に読んでしまって
せっかくの心の負担を軽くする方法が身に付かなくなる恐れがあります。そして他の無料の情報に埋もれてしまいます。私自身、高いお金を払って得た情報、知識のほうが身について助かっています。
この教材を読まれた方からメッセージをいただきました。
許可をいただいたので少しご紹介します。『ガンや病気に対する見方が変わりました』 田中様
お世話になっております。
教材拝見させていただきました。ガンや病気に対する見方が変わりました。
いままで考えたこともなかったことばかりです。無駄な心配をしていたのだとわかりました。
何か胸がつかえていたものが取れていくような
ほっとできる内容でした。ありがとうございました。東京都 N.M.様
『病気だけでなく人生に自信を持てました』夫のガンで悩んでいましたが
まず私がこの教材を読んで気持ちが楽になりました。難しい言葉が出てこないのでとてもわかりやすかったです。
変な勧誘もなく安心して読めました。他に高額な健康食品を買っているのですが
読むだけで気持ちが楽になるのならとても安く感じました。そこで夫に話をしていったらだんだんと気分も良くなっていったようです。
本人も新たに闘病に向かう姿勢ができたようです。私も病気だけでなく人生に自信を持てました。本当にありがとうございました。福岡県 匿名希望様 (52)
『生きるエネルギーが上がりました』私は将来の健康に不安がありました。返金しようかと思っていましたが
読んでみてゾクゾクしてきました。
目から鱗です。そこら辺の本では書いていない田中さんの生の体験が伝わってきました。
フォローメールも読みやすく、いつも新鮮な気持ちになります。生きるエネルギーが上がってきました。特典テキストとあわせて読んでみて2倍に納得。
読むだけで健康が維持できるとなると値段は安いものです。またフォローメール楽しみにしています。宮城県 浅田様 (37)※メールを送っていただいたかたで、
掲載できなかったみなさま申し訳ございません。
また、これをご覧の方に読みやすいように、
文節、改行など若干編集をさせていただいている事をご了承ください。値段なんかつけられませんよね。しかしたいていの病気は治療を受けず放っておいたら大変なことになってしまいます。
そうならないためにお金を払って治療してもらって命が助かります。また予防のために健康食品やサプリメント、運動ジムにもお金を払います。さらに自分が楽しんだり、癒したりするためにもお金を払います。心の問題を解決する場合はどうでしょうか?治療費を払って精神科、心療内科、心理カウンセラーなどに相談します。
それも勇気を出せない人は多いと思います。あなたの身近な信頼できる人に相談する。
なかなかいない人もいます。
相談する人を間違えたらもっと悪化します。他には、本を買って調べる、勉強する。
インターネットで調べる。目に見えない知識や情報にお金を払うということに慣れていない方も
いるかもしれませんが身近な例だと新聞、雑誌、書籍、マンガがあります。特に電子書籍、電子教材(e-Book)は最近のもので慣れておらず
信用できない方もいると思います。
皆様に広く早くお伝えするには最適の媒体です。できるだけ多くの方に読んでもらって、
できるだけしっかり身に付けていただくには
どのような値段にすればいいかとても考えました。世の中には100万円以上払って情報、知識を得る人もいます。
あまりに高額だと「試してみる」ということができなくなってしまいます。
通信教育は数万円から数十万円します。病気で冷静に物事を考えることができないと効くかどうかも分からない
健康食品やサプリメントに何十万円も支払うことになります。
そしてすぐ不安になり根拠の無いその場しのぎの行動に出てしまいます。
もちろん本教材は病気に対して冷静に見つめることができるような内容です。私の場合CT検査が約1万円です。(PETではない)
血液検査と先生の診療を含めると1.5万円ほどになります。
(保険適用本人3割負担で)おそらく他の病院でも大差はないと思います。それを約3ヶ月~半年に一度のペースで
今後数年診ていきます。再発したとき早期発見のために必要です。そのことを考えると本教材1回で心が晴れた気分で治療前後を過ごすのと
不安のまま過ごすのでは天と地との差が出てきます。そこで販売価格は検査診療代数回分でおさまる23,000円でご提供いたします。(こっそり書きます。お読みになるとわかると思いますがガン、病気だけでなく
日常すべてのことにいえる内容になっています。)そして、
買っていただいたお客様を十分にサポートするため
あまり多くの方に販売できません。ですので、いつこのホームページを停止するか分かりません。また私自身もっとやりたいこと、やるべきことがたくさんあります。
そちらも順調に進んでおります。
ですので変なあおり方ではなくこの教材をいつ販売中止にするかわかりません。
さらに、
今勇気を出して心の解決をしようと選択されたあなたには
特別割引として40%オフの13,800円(税込み)で購入いただけます。
改訂版発売記念セールはおかげ様で大盛況のうち終了いたしました。このページの維持費、運営費、教材のための調査費用、作成費用もかかっています。
多くの方にも見てもらうため高い広告費をかけています。
なぜなら皆様の良くなる機会(チャンス)を増やしたいからです。
ちなみに凝ったホームページにする予定はありません。
人件費、ホームページ作成費用などさらに経費がかかってしまいますし、
皆さんが見づらいものになっては本末転倒です。
ですので採算のバランスを考えると13,800円が限界です。冊子のほうが読みやすいという方のために冊子配送版をご用意いたしました。
製本、配送料が別途2,550円(全国一律)かかります。
今後バージョンアップして価格が上がる可能性もあります。
その際先に参加された方には無償でご案内します。差額の9,200円は大切な治療費に使ってください。⇒ お申し込みはこちらから電話・FAX注文が可能になりました!
⇒ 電話&FAXでのお申し込みはこちらから◆マックユーザーの方は別途ご相談ください。
PDFダウンロードとなります。
インフォトップ様の決済システムを利用しています。
インフォトップ様の商品審査に合格して販売しております。
SSL暗号通信のため安全に通信致します。
1回クリックしただけでは注文確定にはなりませんのでご安心してお申し込みください。
それでもまだ中身を見たこともないのにお金を払うなんて抵抗あると思います。本当にあなたにとって役に立つものか正直わかりません。
価値観は人それぞれ違います。
もしかしたら役に立たないという人もいるかもしれません。
こればかりは中身を読んでもらうしかないです。しかし立ち読みできる本屋さんとは違いますね。治療費だけでも大変なのに役に立たないものを買って
あなたを苦しませたくありません。そこで返金保証をつけました。ご購入いただいて中身を読んでみて自分に合わない、役に立たなかったと感じた方は
商品代金をお返しします。
ご購入日から60日→90日以内に返金申請をすれば
金融機関7日営業日以内にこちらから商品代金をご指定の口座に振り込みいたします。
その際ダウンロードしたPDFファイルは手元にそのまま残していただいてかまいません。
いつかお役に立つ部分があるかもしれません。
返金の際の振込み手数料は弊社が負担いたします。
※ダウンロード版13,800円分のみの返金です。
冊子配送版追加分2,550円は返金できませんのでご了承ください。中身を読んでから返金するかどうかご判断いただけます。
「返金してもらえないのでは…」もしそんな心配があるのでしたら、ぜひ電話をしてください。
電話番号は052-731-8700です。ページ最下部の弊社へのお問い合わせもご利用ください。
でも返金するのに相当勇気がいると思います。
そのために内容は自信を持って作成いたしました。
電話・FAX注文が可能になりました!
⇒ 電話&FAXでのお申し込みはこちらから◆マックユーザーの方は別途ご相談ください。
インフォトップ様の決済システムを利用しています。
インフォトップ様の商品審査に合格して販売しております。
SSL暗号通信のため安全に通信致します。
1回クリックしただけでは注文確定にはなりませんので
ご安心してお申し込みください。
●返金方法について
理由を問わず、購入日から90日以内であれば返金いたします。
※ダウンロード版13,800円分のみの返金です。冊子配送版追加分の2,550円分は返金できませんのでご了承ください。
返金申請先はご購入時の返信メールに問合せメールアドレスが記載されています。
メールを頂いて確認後、金融機関7営業日以内に返金いたします。
この教材が向かない方もいらっしゃいます。
■治す気がない人:
当たり前ですが治す気がない人は
どんなに医者ががんばっても治りが悪いです。
同様にこの教材も意味のないものになってしまいます。
良くなるためのお手伝いをすることはできます。
しかし多少なりとも努力は必要です。
あなたを取り扱えるのはあなたしかいません。
■何でも文句を言う人:
みなさんのご意見、ご要望は真剣に受け止め
今後さらに有益な情報をお伝えすることができますが、
自分の気持ちを晴らすための文句しか言わない人の声は聞きたくありません。
■ガンが治る方法を知りたい:
お気持ちは痛いほど分かりますが現在確実にガンを治す方法はありません。■具体的な治療法が知りたい:
申し訳ございません。私は医師ではありません。
調べればきりがないほど補完医療、代替医療、健康食品、
サプリメント、キノコ、ワクチンなどあります。
正直なところどれがいいかは分かりません。
その人にあった治療法があると思います。
しかしこの教材を知った上での各種治療は強いものになるでしょう。
■名医、病院を紹介して欲しい:
金銭的、時間的に有利な人が先に助かってしまいます。
もしあったとしても多くの人がそこに押しかけてしまいご迷惑になります。
ブラック・ジャックはご紹介できません。以上のような方には「ガン治療のこころがけ」は
お役に立てないと思いますのでここでページを
閉じていただいてかまいません。
ちなみに薬品、健康食品、サプリメント等は
一切使いません。読むだけです。        よくあるご質問
本当にこの値段の価値があるのでしょうか?
人は言葉ひとつで救われることもありますし
何百ページもある分厚い本を読んでも何の価値もないときもあります。ですがガンや病気の心のケアに興味を持っていただきこのホームページを読んでくださったあなたなら大いに価値があると思います。
一般書籍にはない内容です。また一般書店で販売する予定もありません。
返金保証は本当ですか?
本当です。内容にご満足いただけなければご購入日から90日以内に申請していただければ返金いたします。
闘病中ですが読んでも効果ありますか?
心が軽くなる効果は人それぞれですが闘病中にこそ読んでもらいたいです。そのため文字の大きさ、文節、改行など工夫しできる限り読みやすく仕上げています。入院中などでしたらご家族の方にプリントしてもらうか冊子版をご利用ください。
今健康ですが読んで意味はありますか?
是非とも読んでください。
病気予防意識を保つためにもお役に立ちます。
病気以外にもたくさん当てはまる内容になっております。
できるかどうか不安です。
この教材はいわゆるマニュアルではありますが何かを実行してもらうような内容ではありません。読み物としてもお楽しみいただける内容になっております。
コラムなどで一息つきながらお読みください。
あまり力まずご覧になると自然に身に付きます。
【今までのお話をおさらいしておきましょう】ガン、病気の心の負担を軽くし、病気治癒の意識をつくるための電子教材です。薬品、健康食品、サプリメント等は一切使いません。
特別何かを行動してもらう(例えば体操とか)ような内容ではありません。
読むだけです。商品は
PDFファイルダウンロード版または冊子配送版
「ガン治療のこころがけ~心の負担を軽くする突破口~」特典として
●特典1「明快 ストレスと病気の関係と対処法」
●特典2「老化について」
●特典3 フォローメール+追加情報メールです。
特典1、2はPDFファイル版のみとなります。
特典は決済完了後のご購入のご案内メールで追ってダウンロード先をお知らせします。メール相談、カウンセリングは現在無料となっております。
皆様からのたくさんのお便りが私の励みになっています。
(具体的な治療法などはお答えいたしかねます。
上記「この教材が向かない方」をご参照ください)販売価格は23,000円のところを
今なら40%オフの13,800円(税込み)でご購入できます。
冊子配送版の場合は製本、配送料が別途2,550円かかります。
ご購入日から60日→90日以内に返金申請をすれば理由を問わず商品代金を返金します。90日間お試しで読むことができます。
※ダウンロード版13,800円分のみの返金です。冊子配送版追加分の2,550円分は返金できませんのでご了承ください。
返金申請先はご購入後のご案内メールに記載されている問合せメールアドレスへ件名「返金申請」で送信してください。追ってご記入いただく返金申請フォームをお知らせいたします。ご購入者情報がこちらで確認できしだい金融機関7日営業日以内にご指定の口座に振り込みいたします。また本編にも返金方法が記載されています。
◆マックユーザーの方は別途ご相談ください。
■ダウンロード版をご購入後「やっぱり冊子版が欲しい」という方は
別途弊社にお申し出ください。この際冊子配送にお時間がかかる場合がございます。製本、配送料2,550円かかります。
■また冊子版をご購入の方でPDFファイルも欲しいという方もお申し出ください。すぐ中身を読める方法はダウンロード版が一番早いです。ここまで読んでくださったあなたは本気で治したいと思っているはずです。
その強い思いがあればガンなんかくだらないことで悩む必要はなくなるでしょう。 私はガン治療をした後リストラされました。
そんなことくだらない事だったんです。キレイ事をいうのはあまり好きではありませんが、
病気やお金のことが理由で好きなことができないなんてみじめだと思います。それを何十年も続けていればガン以上に苦しいです。皆さんにもっと生き延びて本当にやりたい事をやって生きてもらいたいです。おおよそここ日本ではできると思っています。
そのためにお医者さんは私の病気を治してくれて
皆さんの病気を治しています。私の場合やりたい事をやり始めた矢先のガンでした。
しかし今ではそこそこ自由に幸せに暮らせるようになりました。
先ほども申しましたがいつこの教材を販売停止にするかわかりません。
このページを見ることができているあなたとも何かのご縁があるかもしれません。
(このページを【お気に入り】に追加しておくことをお勧めします。)
あなたにはできるだけ負担がないようにしました。体の治療と同様に心も解決する必要があります。
以上のすべてを受け取りたいあなたは
電話・FAX注文が可能になりました!
⇒電話&FAXでのお申し込みはこちらから◆マックユーザーの方は別途ご相談ください。
インフォトップ様の決済システムを利用しています。
インフォトップ様の商品審査に合格して販売しております。
SSL暗号通信のため安全に通信致します。
1回クリックしただけでは注文確定にはなりませんので
ご安心してお申し込みください。
●ご注意●
この教材はガン、病気の心の負担を軽くするように努めてもらうための教材です。
ガン、病気が治るノウハウではありません。
効果には個人差がございます。全ての方に効果があることを保証するものではありません。
また具体的な治療法、病院、名医紹介は行っておりません。
治療については必ず専門医にご相談、受診してください。あなたにとって大切なことですのでプライバシーは完全に保護されます。
あなたのプライバシーは全力で守ります! Copyright © 2008 Heartstrings All rights reserved.
特定商取引法に基づく表記弊社へのお問合せ

>> 続きはこちら






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。